今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

春を探しにチョイトのつもりがミドルになった

   
2015年2月14日(土)
55km   全行程AV:18.4km/h

今日も晴れ 相変わらずの風・・・昨日ほどではないけれど。
予定では計画していたロングに出るはずだった。
目が覚めたのが4時。外は暗いし、まだ早いな・・二度寝した。
つまりは寝過ごして、予定は延期になった。180kmの計画だったのでスタート時刻が遅い。
結局、14時発のポタリングに変更。向うは、ボールペン倒し・・・方角決めだ。
ポタン♪ 北西の方角。むむむ・・・ということは、まず垂水公園を通過って事?
車の多い道を避けての裏道 田んぼの道ですよ。道の端は荒れているんですけれどね。


今日のコースは、結果的にこうなった


坂を上がる時、三台のダンプカーが追い上げて来ましてね、
やはり迷惑かけちゃいかんでしょ。路肩に寄って止まること3回。
「樽居ず公園」入口。なもさんはここでポーズ。なもさんの記事:終盤写真見てね。
アロンライドじゃ写真が撮れんわな。寝っ転がり自転車腹乗せポーズ・・・でけんやった。


入口でスル−できずに、「だるみずこうえん」へ向かったね。


前は、公園先へ冒険走行した事があったけれど、今回はパス。
公園へ上がると、親子連れさんの楽しい笑い声が聞こえとった。


先ほどの公園入口へと戻る。桜時期はミゴトなのじゃが・・・


右折しての下り坂。そして右折。北西方向へと向かう。
通過する車は数少なく爽快。





あららら〜
山の杉・・・・色付いちゃって
雄花の花粉が舞い散る兆しやな

花粉症の方には気の毒やで




坂を上りつめると
立体交差の橋の下を通過。


下り坂は佐土原への直進です。ヒュ〜ッ♪  左は綾・国富と表示あり。


この坂が”わんこ坂”って称されている?・・・それは、なもさんなのだが、
「宮崎県中央動物保護管理所」
でね。 wonwonwon吠えとったよ。
う〜ん・・・三匹目は難しいでね〜〜


「河上神社」とな。案内は見えなかったが、検索すると・・
旧瓜生野村と旧那珂村の境界線となっている石崎川の、右岸に鎮座する神社で昔は大瀬町の村社であった。創立は不詳であるが、慶長元年(一五九六)丙申県 (延岡)城主高橋右近将監種統(元種が本名)時代の勧請と伝えられる。『日向地誌』によると、村社前田にあり、磐長姫を祀るとある。
磐長姫とは?:Wikipedia


神社の横には、石崎川
川に流れ込む水が 
温く見えたのは
気のせいだろうか。


民家の咲く梅花は、
ここらでも満開ですよ。


県道r14に出て、右折。
国道R219
の高架橋下を通過。
ここで、寄り道・回り道の発作ここも石崎川の支流で
「鉾田歩道橋」の表示。
何処に出るやら分からないが
勘としては、旧道の国道R219

それで、民家脇の道を上がるとあさしく国道R219
こんなことって、楽しいのよね
ワタクシとしては・・・

佐土原中学校方向へ進行
佐土原城跡(歴史資料館松館)
を通過する。
すると、左手に”佐土原神社” 階段をチャリを担いで上がってみた。
ほほ〜佐土原藩主の初代から10代が祀ってあるんだね。
右手には、「招魂碑」「祭田の碑」「祈念碑」の石碑が建ち、
左手には、佐土原保育所がありました。


神社には、丸に十の字
島津の家紋
そうなんですね、佐土原藩は
薩摩 藩の支藩だったのです。

歴史をひもといて行けば、
徳川家康との関連のあって
興味深いものがあります。

経緯は省略しますけれど、
歴史って権力者の策略で
織られてきたものなんですね。
人民の歴史はどうなのだ?
ってことになるけれど・・・
現在・今日の社会だって・・・権力者&一部の取り巻き連の策略で動かされているんだよ。

さ、次へと進まなきゃ〜〜
あら、境内へはスロープがあったんやね。担いで階段を上がらなくったって・・
境内は駐車場にもなっているようで、カーブミラーが設置してあった。
なら・・・今日の格好をば・・・ヘルメットは前のを被っておったわ・・・


”一ツ瀬川”
に出たので、橋の手前で右折するが、そこは砂利道。
砂利道の下横に”宮崎佐土原西都自転車道 段差があるので、低い所で自転車道へ移動
(左:砂利道と自転車道) (右:橋前で右折した時に自転車道を散歩されていた、ご夫婦)


振り返って、避けて頂いた、ご夫婦を撮っていると・・・
「こんにちは〜」
と挨拶されて抜いて行かれた、ローディー
気持ち良いですねぇ  この後、ワタクシは追い上げまして・・・10m程後を追走。
25~30km/hの速度でした。
”日向大橋”近くの自転車道脇にあるトイレで、そのローディーは停止、休憩。
追い越しざま「おつかれさま〜」って声を掛けた。


”日向大橋の”架け替え工事は大分進んだみたいですね。
まだ、橋の下の自転車道は通れないので、迂回します。迂回してからのトイレ場所です。


”一ツ瀬川河口”には、カルガモがまだいてくれていました。
慌てて北へ帰ると・・・雪だからねぇ・・・


離れた中洲には、カルガモの他に
チュウサギかな ダイサギかな  
一緒に羽を
休めていましたよ


ここらは釣り人が沢山いらっしゃいましてね、駐車中の車が多かったです。
KDDIの海底ケーブル中継基地が見える、池の横を通ります。
水位がかなり減っているようだけれど・・・


すると・・・波紋が。 ここにも棲んでいたんですね。沢山の鯉です。
獲る人がいない事を願ったり・・・


”住吉IC”
の横を通り、”一ツ葉有料道路”の下を通過しようとしたら、
左手に看板が見えた。見学台? そりゃ行くでしょ!


ボコボコ砂利道ですけれどね。
見学台の立看板に、寄せ立て増しての見学です。


●宮崎海岸は、かっては砂丘と砂浜が広がり安全の確保はもとより環境・景観・利用が調和した空間が形成されていた。
●しかし、現在は、砂浜の浸食とともに自然の堤防の役割を果たす砂丘も削られている。
と説明されており、このため、
砂丘の浸食を防ぐために浜崖の根元を保護するのを目的としての工事だと記してあった。


ということで・・・”一ツ葉有料道路”の下を通過後、
すぐに左折しての松林の中の遊歩道を進みます。

”阿波岐原森林公園”
内を突き抜けて、”みやざき臨界公園”まで向います。


”サンマリーナ宮崎”
の前を周回し、海釣り公園を回ります。
こちらじゃ釣り人いませんでした。


シーガイヤ方面に向かうパークロードを通りますと、”コテージヒムカ”の入口。
いつ見ても微笑んでしまう”オッパイドングリ”
横から見ればドングリなのですが・・・二個並べてくれないかなぁ・・・なんてね(笑)


松林の遊歩道もですが、パークロード脇の歩道もジョギング者が多いんです。
かっては、ワタクシも毎日のごとくジョギングしていましたけれどね。
”オッパイドングリ”を撮って、走り出したところで、
こんにちはー」って挨拶の声がするやズバット抜かれてしまいました。
今日、二人目のローディー。
そりゃ〜また追跡ですよ・・・・左折してから信号機で追いつきましたが・・・
30km/h超だったかな
短い距離なら、オジンのワタクシとて平坦地35km/hで走れるでぇ〜(^^ゞ


ウインドブレーカーは要らなかったようで、汗をかいてしまった走行でした。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  ポチリクリックを宜しく (^^ゞ  

出だしからstrangeライド

   
2015年1月12日(月)
うぁららかな日になったな 走りに出かけようと準備を始めたのが12時30分でした
そして今日のサイクリングのコースは こんなことになったのです


計画では まず綾町へ向かい 高岡~新富〜西都市〜佐土原~帰宅だったのです
ところがスタートするや ハンドルの向き逆回りになっていたのです
二つ目の信号機で気づいたのですが わりと交通量が多く信号待ちも長いくれば
戻るよりも そのまま続行ですよ
佐土原への国道R10を走って行くには 道幅の割には交通量が多くて 急きょ進路変更
”宮崎佐土原西都自転車道線”へ向かったのです
「フェニックス自然動物園」を過ぎて「住吉IC」手前で右折
前方より乗用車がワタクシの方へ寄って来てていしゃするや「お尋ねしますが・・・」とな
動物園の入口を尋ねられたのでした 動物園の裏側でですよ・・・丁寧に教えしたのでした
”一ツ葉有料道路”にそった場所が自転車道の起点です


松林の中を 25km/h走行 防風林ですね 風の影響が遮られて すんなり走れます
途中で一人のサイクリストと離合 「こんにちはー♪


”一ツ瀬川河口”手前の日向灘
風が強いです
ご夫婦連れのシティサイクルでのポタリングかな
こんにちは」「こんにちは」「気持ちいい日ですね」「はい」・・挨拶はこれだけですが
挨拶っていいですねぇ 旦那さんの方は人事尾発せられませんでしたが・・・


”二ツ立調整池”
貼り紙がありまして「マナー守って撮影、観察を」地域の人から苦情がきています。道路は工事関係のダンプや養殖場の車が通行しますので、迷惑かけないようにしてください。駐車場は一ツ瀬川河口(右側)にあります。野鳥への優しい配慮もよろしくお願いします。日本ン野鳥の会宮崎県支部   とな
ところが どっこい 釣りの方々の往来が多いようで 自転車通行も木を使います
空き缶は転がっているしで・・・・(策の左下にも!


ちょいと進んだ右側河口の砂浜に鳥の群
水面に浮かんでいる群もあります

カルガモ」でしょう くちばしの先が黄色で腰の部分が白い三日月もようですからね


時間を費やしてしまいました リスタート・・・・おや? 人の姿が
そのうち3人になりましてね 竿を持って大声で叫ぶように話していまして
カルガモの存在を無視して接近・・・・カルガモたちは慌てて水面へ避難してしまいました
その他にも 過去に事件はありましてね 
鳥に釣針が引っ掛かっていたとか テグスが絡んでいたとか・・・
人間って勝手だよね 同じ地球の生き物ながら 他の動物に残忍なのですから
人間同士にもテロとかね 命の尊厳が出来ずして何が宗教家と・・・・


ほらほら ワタクシが第ンプと離合する時 左端ギリギリに止まって「どうぞ」と手信号
行き過ぎて後ろ見ると ダンプが止まっていた 対向してきた乗用車
貼り紙では気づかないだろうな 立看を出入口に立てなきゃ・・・・
それでも釣りが優先 入り込むやろうなぁ・・・


潜水橋の所です ロードバイクで一回渡った事があるけれど 再度渡ることはないでしょう

そうそす 今日のシューズカバーは日中なので薄手のオレンジ色物
薄手でも履いているのと いないのでは大違い 温かいのよね


いろんなものが目に付きますよ だからそのたび写真でね これも時間ロスではあるけれど止まった時間ロスを取り戻そうと速度を上げます
前方から またサイクリストです「こんにちは」「こんにちは

そして
国道R10日向大橋近くのトイレがある空間に 二張りのテント へぇ~こんな所に?
自転車? オートバイク? ワタクシも野営しながら自転車旅した事はあるけれど
こんなでっかいテントは積めなかった尾のなぁ


いろんなものが目に付きますよ だからそのたび写真でね これも時間ロスではあるけれど

県道r44の”一ツ瀬橋”への位置を横断して進むと ここにもダンプ
邪魔になるといけませんからね 行儀よくサイクリングロード側を走りますよ


国道R269の下を潜るしい左奈トンネルを潜り ”四日市”交差点へ
橋の所で離合した 地元の方らしい自転車乗りの方に「こんにちは」「・・・」無視された
前にも幾度か走行したルートなので 県道r18を進みます
隠れ家的”高屋温泉”への上り坂になる前で 右折となる交差点をメモで確認
なんだ坂こんな坂・・上ると見慣れた標識 あ 大安寺野池には水鳥はいないみたい・・・


池を過ぎたあたりから右折のはず 学校があるから・・・
行き過ぎてしまって中学校前 振り返る・・・県道r325になっていた
間違えたぞ 小学校の所だわな 引き返す 県道r18をすすまなきゃ!


県道r24との交差点 標識を見落として 右? 左?
交差点で信号待ちをしていると 後ろから警察パトロールカー 聞こうと思ったが・・・
ちょいと戻って標識確認 左折だ・・・
勾配△5%強の坂 1.7km程  激しい風に煽られる ブレーキブレーキ・・・
県道r26を突っ切っての直進
潜るは延長396mの”本庄トンネル” 歩道が設けられた右側は通らず左車線


”本庄橋”を渡って右折 ここではずっと先の交差点信号で渡るようになっているようだが
左右からの通行車両がいなくて 確認して ”綾宮崎自転車道線”へ入ります(左側)


”綾宮崎自転車道線”は”森永橋”を渡るのですが 堤防道へと直進し 県道r17と合流
県道r17を道ナリに進み ”綾町役場”を通過 そして県r257へ左折
橋の途中で またかも・・・「カモ」 「マガモ」です 仲良く上流に向かっています


「マガモ♀」は「カルガモ」似ているのだけれどもね・・・・

え〜と 橋を渡りきって進んで行くと 県道r258   あれっ?
途中で右折しなければならないはずやが・・・・メモを見る
引き返そう・・・・と言う事は左折になるが この時は気づいていなかったが通過したのだ
橋を渡っているウォーキング中のおばちゃんに聞いてみた・・・
堤防の道を進んで行って橋があるから そこを左ですよ
これが・・・・大違いでありまして・・・・
 しかし その堤防道を進む事に寄りまして「恋人の聖地」なる碑がありましてね
 ワタクシには要はなさそうですが・・・・・
 その碑のハートのド上 尻の谷間みたい・・・な場所にヘルメットを置いての撮影
 つれいな・・・である


川堤防側(裏側)には こんな文字


「創造の折公園」という吊り橋があったぞね 渡りはせなんだが


堤防右側には パン時の花壇が続いていた


“蔵元綾酒泉の杜”の裏だった


堤防道が終り 県道r26に出た この道 ”綾吊り橋”への道だよ 幾度か通っている道やでここじゃないぞえ〜 と思いつつ見ると 橋に ヒツジ? ヤギ?
今までここを通っていながら気づいていなかった物やった ニホンカオシカ だそうな
”綾南川”の橋でみたニホンカオシカの像だ 綾ではウマの像もあるけどね


ならば ヘルメット被せの洗礼をば・・・・
うへっ 傾いちょるね


はい〜っ 被りなおしだよ ど〜よ♪


橋を渡って道路脇にある標識 ”綾南ダム情報”
なるほど〜 「広沢ダム」って尋ねたのに「綾南ダム」と勘違いされたのかな
でも「広沢ダムでしょ」っていったよね・・・・だはははは


またまた引き返して行くことだろうか・・・・・
キツイ勾配の上り坂のうえに さらに国道R268に出るまで24kmあって さらに28km
あわせて52kmの距離・・・・ここまでが54kmだし無理だよ 暗くなる
出発時刻が遅かったんだから〜
しかも・・・走り出そうとしたら ペダルにカシッとはまらない
おかしい? と見たらシューズのクリートネジが外れて無くなっておった
 こりゃ〜最短距離でHINOサイクルへ行かなきゃ・・・
 コレ決断です


交通量の少ない位置を選ぶ ちょっと迂回
自転車道へ入る手和えの川で また水鳥発見
「コガモ」のようにも見えるのだが・・・1枚だけで 鮮明なアップ写真が撮れなかった


さてさて 急がなきゃ
自転車道線と堤防道を通り 県道r17  & ショートカットで向かう


まだ明るい内に HINOサイクルには着いたのですが 5~6人のお客さん来訪中
世間話そこそこに SPDクリートを購入  yosiさんらは大忙しの作業中
結局パーツを買って 自分で取換をする 帰る時には ライト点灯になっていた

本日の走行距離:88.5km
“広沢”ダム”はリベンジをせにゃならぬ・・・ってことで


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ ポチリクリックを宜しく (^^ゞ  

筋力の衰えか?未復活ライド2/2

   
2014年9月3日(水)

昨日に走っていて良かったですわいね
今日は朝方雨模様 正午過ぎから雨・雨・雨 ときおり強い雨 出れんでな
そんで 記事は昨日の続きやで
   走行コース


西都原古墳群(西都原公園)への坂下の交差点角に在るコンビニで給水補給を終え向かうは次に坂。。。県道412号線の坂 感覚がずれてしまってちょいと遠回り
「新瀬口橋」を渡って左折 坂の試練でいえば 
「山門橋」渡っての県道24号線が激やったかな 距離が短くなるんでね
せっかくなら70kmは走りたかったんですわ
西都市と新富町の境近くに在るコンビニに また入る どうしても水が足りんのやった
食事は7時前に軽く食べただけで空腹感があったが カロリー摂取より消費優先
でも水は欠かせんのです

コンビニを出て直ぐにやって来た三差路 左は高鍋町方面 右は「座論梅」
ドドドーゴーッ けたたましく雷音より響く爆音・・・・新田原基地が近いでね
高鍋町方面の方が急坂はないが 思いの距離より長くなる・・・90〜100kmの気はない
チェックライドだし 「座論梅」から基地へ向かえばラスト坂 そうよ右方向♪

「今は秋(?)誰もいない・・・・」ガラ〜ン誰もおらん 独占休憩所になった


汗はビッショリ 1500ccの水を飲み干す事となるが トイレ休憩でもない
飲んだ水は ぜ〜んぶ汗になる
トイレ手洗い場の水をボトルに入れるつもりはない
積めるの居ずウィ食う系でも倍なのでどちらかと方円の方が

それでやけど 鏡写しでイエ〜イ
昨日の出かけ時の鏡写しの画像と どこかが違う・・・何処でっしゃろ?
わかるかなぁ〜?




ちなみに 
昨日の記事を開けるのは面倒ですから
小さめに掲載

顔の表情・・・・じゃなく
ジャージファスナーの空き具合・・じゃなく右手サイン・・・じゃなく
二か所あるのやが・・
一つはサイン側ではない手に・・・
二つ目は わからんじゃろうて!
お分かりになれば あなたの観察力はスゴイ♪ 答えは・・最後のコメントにしようかな!


県道309号線に出て新田原基地方面へと向かう
ここでじゃぁ〜 アクシデント発生
上り坂の途中 さほどの勾配(斜度5%強)ではないのに
イタタタタ 脚が動かぬ
両脚の大腿部 縫工筋(ほうこうきん)に急激な痛み 
サドルをまたいで下りる事もできず トップチューブにまたがり ジッと辛抱
ようやく下車出来ると ソロソロと反対車線側の空地に座り込む 
撮影目的ではないことでは当日初めてやってしもうた坂での足着地
食事をしていないからという ハンガーノックではなさそう
しばらくジッとしていたが 動かさなきゃ 強制的でも・・・
でもペダルは踏めない 治まるまで押し歩く 基地正門前まで焼く600m

↓ 写真は右側押し歩きの途中 振り向いて撮った



基地正門前交差点から いくぶんかは治まった脚を労りながら 乗車
ずっと歩いての帰宅はできん


無理はせんでおこう・・・「空の駅」に到着
ソフトクリーム・・・うまそうやけれど 節の約 



ゴーッ 爆音 耳をすんざく
タッチアンドゴーやな・・・・ 速いもんや 瞬く間に雲上へ


後の行程は下り坂と平坦地 急勾配下りはMAX 58.8km/h
「一ツ葉橋」を渡ると河川沿いの自転車道 「日向大橋」の所がまだ工事中で民家脇の道へ
ゆっくり走るには やはり自転車道やろうと国道下を潜って行こうとしたら 
トンネル内にトラック 清掃中? 工事中? そんなことで県道372号線を走る
「市民の森」前に来て 「御池(みそぎ池)」へ回り込む
写真を撮っていたら 60歳代らしき女性が こちらのイルムンジャー号をジ〜ッと見ている「こんにちは」って 声をかけたら自転車に興味がおありのようで
マウンテンバイクに乗っていらっしゃったとのこと 趣味は登山・・・・
ま あれこれお喋りをしまして 「ごきげんよう 楽しんでくださいね」と発して出立
いろんな物 いろんな方 出逢いは楽しいものですな


帰宅すると 出発した時には開いていた マツバボタンの花が萎んでおった
今日は強雨になってしもうた 今度はいつになるかな 復活ライドにしたいおのやで



かねてから訪問いただき感謝☆⌒(*^-゜)v Thanks!!


   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

筋力の衰えか?未復活ライド1/2

   
2014年9月2日(火)

ロングライドに向けての序奏というべき序走を昼過ぎに出発
何処をどう回るなんて計画なしなのだけれど 上り坂アタックで調子をみるたまやった
それが なんと・・・・・なのだ 2分しての投稿にした
 走行距離は 71.34km    帰り着いたのは17時 
ロンリーライドだけに訪問先での散策時間が長くなってね・・・・
走行コース

GPS標高設定を確認していなかったので起伏を勾配を表示できないのは残念
結構な訓練になりましたぜ 疲れたわいな

週発時に玄関で鏡撮り
この写真と後半1/2=明日に投稿:での鏡撮りでは どこかが違うのだ サテ?


庭の鉢植えマツバボタンが開いておりました


国道219号線に入るまでの信号機でストップ しっかりルール遵守ですぞ
信号待ちではグレーティング(側溝格子蓋)から ド根性ムラサキツユクサ 
数か所で見る事が出来た 水分補給に困らんだろうからね 


国道から左折して いよいよ坂へ挑もうとすると 左手に神社 行ってみた
廣原神社(山王社)と商機されていた 
坂を上りつめると 右手に「けいりん場外車券売場」だ


アップダウン ダウンアップ 楽しいと言う気分じゃないが写真を撮る以外は足着きなしヨ


ここは先日に庭木剪定枝を焼却するために来た場所「エコクリーンプラザいやざき」だ
正門の方へ曲がって給水タイム


「ほがらか湯」ここでの入浴経験はないが 檜風呂風浴槽 岩フロ 歩行風呂 低温サウナ
があって 大人が200円 
隣接する「エコクリーンプラザみやざき」から発生する余熱を利用しているんやて!


十字路で右折すべきだろうと考えたのだが ゴルフ倶楽部の看板をみてしまったものだから
通った事のない道やで直進 ここも坂が待ち構えちょる
東九州自動車道の上を渡たり 「亀の甲カントリー倶楽部」の横を通る


下りになって(進行方向右車線へ横断し振り返っての像)停車


目に入った物がコレ 「豚京足」とあるが・・・・薮の中
どれほどの利用者があったものやら 山の中だもの


更に下る ということは走ってこれだけの上りがあったということでしてな
三差路に出た所で どうしよう? 右へ行ったら「宮崎ゴルフ倶楽部」
道路標識が見当たらず左折(ルートラボでは右折で県道24号線に出た方が良かったかも)


狭い道を下ってゆくと 通った事のある風景「宮崎アスモ」
自動車用小型オータ製造の会社だ


ということは またまた上り坂
そして結果的に山の中を一周したことになり 再びゴルフ倶楽部の看板場所
結局この地点で直進 看板を見た時に右折する方向だった


下って 下って 国道219号線へと向かう所手前で左折 ここからがまた上り坂
ここは幾度か通った道 上りではペダルが重い・・・というより体重がありすぎるのを実感都於郡(とのこおり)小学校前までが上り それからが下り 城跡入口道前で給水休憩 
800ccボトル水が空になる


せっかくやから こっちの看板前でもタイマー撮影


正面に清水神社だ 交差点を右折だな


神社前のロードミラーで鏡撮り
鏡面が歪んでいて イルムンジャーひょろひょろ


西都原古墳群が近いこともあってか この神社の近くは「清水西原古墳群」があり 
25基の古墳が点在しているとの案内板があった


階段右側に沿道修景樹木のクスノキがそびえ 階段を上ってみると「親子イチョウ」の名の木があった 参拝しようと まず 手水舎の柄杓を撮ったのだが・・・
口をすすぐのは避けたのやった・・・手袋したまま・・・この後取りましたよ!


鳥居の左のかかっているのが クスノキ
で 手摺が中央に・・・・良からぬことを思うものでしてな
児童の頃 格好の階段手摺でな 腰をかけての尻滑り・・・
やりたかったのやけど  怪我の元 止めますで! 神社やし〜


県道24号線を進み 交差点で 直進?曲がる?
最初から行く先コースを決めたいないので 行き当たりばったり
「三笠」交差点も根拠なく直進 すると左手に案内標識発見
「日向国分寺跡」 「木喰五智館(モクジキゴチカン)」って・・そりゃ行くでしょ! 
また上り坂

まず「木喰五智館」へ


五智如来坐像
中央に本尊の大日如来 その右側に阿弥陀如来 釈迦如来 左側へ薬師如来 宝生如来
クスの大木で刻まれたとあった


境内には 巨木100選 のイチョウ 推定樹齢600年 幹周800cm 樹高20m
木喰は この樹に龕(ズシ)を造り小さな像を祀り その空洞の穴が樹皮でふさがれたとき
再び現れると告げたという伝説が紹介されている


国分寺跡の説明板


汗がひいたところで 下ってコンビニに寄る 空のボトルに飲料水補給
この後つづく♪

かねてから訪問いただき感謝☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

らんらんサイクリング

   
2014年3月9日(日)

らんらんサイクリング AM9;30 HINO集合 綾方面 というので
出かけてみたね・・・
前回の同サイクリングでタイヤバーストして 緊急借用したのを返さなきゃ
お礼はHINOさんとこでチューブ1本購入で それを添えてね・・・
なので 9時に到着したんだわ 一番乗りでな

集合写真も撮ったんやが 我のカメラじゃ取ってはおらん じゃで写真なし
そんで3班編成で出発 第2班に加わった
本日もコースやが 数名を除いては綾吊り橋に向かわれたんやが 
我は所用ありで 「ほんもの館」から離脱しての帰宅やった
走行距離:53.6km      AV:20km/h


まず立ち寄り場所 休憩と言うか確認調整場所となる 柳瀬橋のホンビニ
両輪とも目立つカラータイヤぞね 交換してまだ100kmを走っとらん
店舗に寄せ立てているのはmamyさんのピンクバイク


先に発った第1班を追って行くと 県道17号線国富町嵐田交差点400m手前で
「生目の杜運動公園」で合流したメンバーを加えた第1班が歩道側で立ち止っていた


「なんや?なんや?なんかあったんやろか?」
警官がいるやないの 事故? おかしいな!
整備不良なんてことはないはずやし・・・・・交通法違反もないはずや
編成してのモデル走行にもなるほどのサイクリングを心がけとるでな


話によると「並走している」との通報だとか? 並走はないと言うのに!
通行中の車が大勢のサイクリング車に対する嫌がらせか?  たまに車の運転手が
「自転車は歩道を走れや!」とか「車道走るんじゃねぇ!」って叫ぶ者がいるらしくってね
やっかみか いやがらせか 道路交通法の無知か・・・車道は自動車だけのもんじゃねぇ!
自転車は車両なんじゃからな!
イザコザにはならんかったようじゃが パトカーが前方に停まっておったわさ


第2班は 「本庄橋」の方へ右折し 
川沿い堤防下のサイクリングコースを進むことになりましたわいな



ちょいと向かい風かな 20数キロの軽快ペースで「森永橋」へと向かっちょります


写真を撮っちょると 離れてしもうてな 「森永橋」の所で待っちょってくだされましたぞ
我の姿を確認されたか 側道橋を渡りはじめましたぜ


県道26号線へ出て 「川久保橋」を渡り 再び綾北川沿いのサイクリングロード走行
「綾尾堂橋」の所で左折しての県道360号線で「綾手作りホンモノセンター」へ到着


第3班の到着が遅れているようで・・・コミュニケーション中でありましたが
正午前になり昼食を考えながらも やおら立ち上がりましてね・・・


1&2班のうち3名?(ILmoonを含む)を除く皆さんは吊り橋へと向かって行っただよ
「お気をつけて〜〜」
わたしゃ 独り県道26号線の帰路でしたわ
ほんものセンターの温度計を見ると 15度(写真じゃ1度で一位数字が写っておらんがの)
汗をかいての楽しいライドやった♪


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ県道17号線

都農尾鈴マラソン大会への声援 (復路編)

   
2014年2月13日(木)

よっしゃ〜 帰るべぇ チャリンコを担いで神社境内を移動し 一ノ宮鳥居の前に出た
出る時 鳥居の橋を通過し 回れ左(右やったか?)して一礼
みんなを見失ってから境内を通って帰路についた動きやが 再びルートラボを表示

自分のチャリンコを撮とると マラソンに参加した若い女性二人が写真撮って言ってきた
おやすいご用じゃと アンダーアップで場所を変えての2枚を撮りカメラを返す 
「マラソンごくろうさま」ってね
ナイスアングルで写ったでしょ・・せっかく撮ってさしあげるんやから喜んで貰いたいしね
川べりのベンチで給水タイムで休憩


帰りの途中 トイレを探そうと・・・都農町役場の方へ回り込み 
役場へは曲がらず直進すれば駅だったのに勘違い 遠回りをしてしもうた
役場外にはトイレは見当たらず くるりと回る 再び県道310号線に戻ればいいものを
勢いで信号機を通過してしまい ありゃマラソンコースの交差点に出てしもうた
え〜と 駅は左折だよなと察したのやが・・・ 
交差点先で頭から入った車が道に出ようとしている様子 じゃが後ろから連続して車通過
誘導しようとする年配老人の姿 見ちょれんやん おせっかいILmoonおじちゃん出番です
スススって近寄りまして 交通整理をやったんじゃ やってくる車を停止させ出づらかった
車を発進させると 停まってまらった車に一礼・・・
誘導に困っていた方に「ありがとうございました」とな 「いえいえ どういたしまして」
にゃら日確認で駅への方向を聞いてみた 察した方向で正解やん 「じゃ〜どうも〜」

走り出すや ちょっと先に見つけたよ モコモコなボンボンに似てる
寄生木(やどりぎ)ですな 寄生されているのはケヤキみたい
人間社会にも似た光景が・・・・ってね


都農駅に着く 用足しを済ませると 
駅前で迎えを待っていそうなマラソン参加者と目が合った こっちはサングラスやけどな
しばし マラソン談議 ここでも楽しい時間をすごせたよ
川南駅への道へは左折せずに直進してゆくと 左手に田んぼ もう田植えの準備かな?
未舗装の農道に入り込んでみたさ


川南町役場経由で国道10号線に出る道があったんやが 通山小学校方向へと向かう
ところがやね 「松原配水池」という所への上り坂で旗振りでストップ 
舗装しなおしでジャリジャリ砂利 パンクさせとうないからね 押して上がったさ


工事区間が終わりかとサドルにまたがって進むと また工事区間
工事関係者が出てきましてな 「パンクするよ〜歩道を走ったら〜」ってさ
そうだよね「ありがとうございま〜す


工事区間を抜けると 通山小学校前の交差点を通過し 夏はヒマワリ畑の道を順調に走行
国道10号線 高鍋町の酒造会社近くのコンビニに吸い込まれるように入る
小腹。。。いえいえ大腹がグーグーだったんじゃ なんせ朝方にリンゴ1個を食っただけ
14時前じゃし なんか食べんとな 
食ったんは もちろん足らんのやが ジャム&マーガリンサンドちゅう110円 1個
ガソリン1リットルよりも安くで リッター走行60km超 かなりのエコじゃ


宮田川に架かる橋を渡りきる 子亀が親亀にオンブだわ
ここらの浜は海亀の産卵地じゃもんね


南九州大学校の交差点より国道10号線を離れ JR日豊線に沿った海岸寄りコースへ
田んぼで日向ぼっこしていたニャンコ 走ってきたイルムンジャー号に驚いたか
あわてて逃げ出し 建物の外れた外壁の中に隠れた(つもり?)


ここ最近の高鍋地区通用道 国道を走るより安心じゃね


湖水ケ池公園前を通過し JR日向新富駅の先へ出て 鉄道線路沿いを進む
鉄道路線の土手に ヨモギが若々しく伸びておった ヨモギ採りに来るには遠すぎる
日向大橋の側道橋を渡る


ここでじゃ 橋を渡ってからサイクリングコースに向かおうと思うてな
くるって回らにゃならんので 近道しようと未舗装の堤防に入り線路へと向かったら
柵がしてあって通れんわな しゃあない堤防を下るにしても急勾配 足がとられそう
と そのとき下り列車が鉄橋を渡ってやってきた そりゃカメラを向けるわい


冒険せずに正規ルートを走るかや・・かねて見ることない方角での日向大橋


ええ〜い 階段を担いで下りるかね


担いで降りた所で写真撮り
さ〜て ここでじゃが この階段は何段あるでしょう?
正解者には・・・・何もでましぇ〜ん


階段を下りて向かうはサイクリングロード
ひゃひゃっ 通行止めの柵横をすり抜けますだ


一ツ瀬川の潜水橋が 今日は潜水しそうやね 満潮時間帯やろか?


佐土原町の二ツ立調整池 
引き潮のときは干潟(ヒガタ)になって鳥がいっぱいいるのに 今回はおらんようじゃ


右手の遠方には浮かんだ水鳥がおったんやが 数少なし
養鰻場サイドを通ると オオバンがおった 
さ〜て オオバンは全部で何羽いたでしょう〜〜ってね


住吉ICの下を潜る“ヒールゴリラ道”
水溜りの為 チャリンコ担いで土嚢(どのう)の上を渡りおえてから写したね
工作機で作業中だったから聞いてみた 水溜りの改修工事で会うかと
否! 電線工事やったわ チャンチャン!


ほいはほいな 先日タイヤバーストした松林中の道を通っての帰宅やった

そや ↑の階段ね 31段 数えながら下りたもんね
オオバンの数は9羽 2羽は写っちゃらんかったのよ チャンチャン♪


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

都農尾鈴マラソン大会への声援(本場編)

   
2014年2月13日(木)

11日はホント晴れていましたからね すんばらしい大会でしたよ
今日は雨でっせ 春は天気が不安定なんじゃよね 
往路でアタフタしての大会会場に着いたのじゃったが それはそれで旅はいいもんじゃ〜
イルムンジャーとしては満足なのでござ〜る

(往路編)から続き ようやく(本場編)だす 
参加者のブログ投稿より出しゃばると 申し訳ないからの イルムンジャーは影からな
都農駅に着いたのがスタート時刻だったんで 最短場所のマラソンコースへ向かったのだ

おぉー 走っちょる走っちょる 県道302号線に出る所で右折する交差点で待機
何処に誰が走っちょるか分からん クミさんがILmoonを見つけてくれたそうじゃが
撮った写真で探したけんど やっぱし分からん・・・


ブハハハ みんな仮面ランナー ちゃうちゃう・・・小梅太夫さんとやら良い雰囲気や
終了後に そのまんまで帰られる小梅さんにでくわしまして「おつかれさま」ってね


タタタタタ・・序盤ですから 皆さん余裕やないかい
歩道で応援されていた方に聞いたら「速い人はとっくに行きましたよ」ってね


全員が通過したら 後を追っかけてみようかと考えたけど まだ集団でバラケていないしな
と思ったら かなり離れて走る方 この段階でパトカーが追走 軽トラも・・・
これじゃ 関門収容かな・・・気のどくやな〜 
その方が通過した時点で迂回路を観客に聞き 迂回路の曲がり道付近いた係員に再度確認
ペダルを踏み込み急いで先回り・・・じゃが道が行き止まりのT字路 
先頭辺りまでは行けず左折しての県道へ
で その最後尾の方を撮った 走るというより歩きや 前方には誰も見えん
(道路脇の黄色服は観客)


今年初冠雪らしい 尾鈴山の山系や 動いてなきゃ寒い イルムンジャは厚着しとらんでな


そろそろハーフランナーを追い掛けようかと思っちょったら10kmランナーが来る
折り返して来るランナーたちも これじゃ先へ進めんわな


10kmランナーの往路が行き終わったら 片車線が空くから それまで待つことにする
カメラを向けていたら ピースの女性 手前の方の笑顔がかわいかったよ


足止めしていたのは 給水所の一寸先 「名貫川」に架かる橋の手前 給水所
トーヨータイヤ テストコースって看板もある所や
そこへ 上りの電車が通過


そや ぼちぼちエエカナー ハーフランナーを追っかけてみるか!
折り返し点へ向かうランナーはなく スピードを上げると 「イルムーンさぁ〜ん」の声
通り過ぎてから 急いでUターン 戻ってかけら前ブレーキでクイックターン
カメラを構える・・・・・クミさん V&VのWピース 知ったるランナー一人目じゃ
元気な走りやないですか 振り返りながらもピース ピース♪ ありがとうどざいますだ!


再び追走を始めると おぉ〜9日の座論梅花見サイクリングで一緒やった mihoさま
笑顔からはmihoちゃま〜♪ 「なもさん 後ろよ〜」って言いはったような・・・
両手開きのワ〜イワ〜イポーズ かわゆ〜い (老輩歳がいなくm(__)m)


こりゃ〜折り返し点まで行かんでも 間もなく皆折り返して来るわいな
もちょい 進むと収容車と離合 覗くと席に座っている数名 乗っちょらんやろうな?
おらん様子や じゃぁ〜「なもホース 走っちょるってことや」 ちょい安心
ビューン とばす お〜おった おった 来た キター 走っちょるやん♪
なもホースの前に なるさん息子氏 息子氏が伴走やったんかな? ちゃうやろ?

 
軽い脚とは思えんけんど 重くもなさそう よしよし行けるでぇ~♪
ナイスナイス! グウドよ〜♪


再び 折り返し ゴール方向へダッシュゴー mihoちゃまの前方でクイックターン
バシャシャシャシャ ヨッシャー♪ イエェーイじゃね 微笑み返しアンガト


またまた後方へ突進 15km地点へ関門じゃ 通過しなきゃ悔やまれる
どうじゃ~? 前にパトカー2台 収容車も 収容車あたりが15km地点か?
収容体制に入ったか? どうだどうだ? ランナーとランナーの間がバ〜ラバラ ハラハラ
  
15km地点じゃ 係員たちが時計を見ながら相談しちょる・・・
あの〜 あと何分で関門ですか? 教えてください!
あと 6分です
そうか なもホースのペースが落ちたとしてキロ7分 じゃ500m前後内にいたらOKじゃ
ソレ〜 なも探しへGO!  

関門まで200m程やったろうか  コツコツコツ・・・
ちょいとまいっちょるかな? 顔がうつむきつつあるようじゃ
だいじょうぶ 大丈夫だよ〜 関門はすぐそこだよ!」 
あと100mじゃろ〜ぅ?」 腕のガーミンチェックしていたなmpホースやった


右前方に収容車が待機しとるのには気づかず モクモクと関門に向かって行きよった
けなげなやっちゃ♪ 行け行け〜っ!


後ろ姿を写し 追い越しての16km地点で待つ


おいおい 余裕が出てきよったみたいや 
ブロガーなも 本領発揮やで デジカメで撮りながらの関門直前
隣にゃ 「拾活」ランナー ゴミ袋を提げながらの走りじゃで


オイオイ ゴールインじゃあるめぇし いやいや わかるで〜 嬉しいもんやろ
喜べ もっと よろこべ〜♪  顔がほころんどった いい顔やった♪


ヨッシ! 元気再発やでぇ〜  ランランラン・・・ いい感じや!


関門過ぎると 急にスローペースのランナーが多くなる中 なもホースはスタタタタ
うん これで大丈夫やな あと5km 行けるづぞ 行けるでぇ
見定めると 前方の曲がり角へと向かう


やっちょるぞ〜〜 いいぞぉ〜mihoちゃま〜♪  毎度 笑顔をありがとう♪
走っている方がキツイのに すてきやね


待っていると コーナーへやって来た
白バイマン スピード違反取締中やげな・・・なもチェック 凝視しとったでぇ←ウソ


さ ラストに向けて もちょいや♪
ハ〜イ♪ 元気はまだあるでぇ 疲れは気のせいやどぉ〜♪ってね


15km地点から 何人も追い抜いたんじゃないのかな タタタタッ・・・


今度は右折しての最終曲がり角のはず・・・
撮って走りだそうとしたら 警備中の係員に警告されてしもうた
自転車で走らんでください」とな
邪魔にはならん走行をするのにな・・・・ブツブツブツ


しゃ〜ない 国道10号線へと迂回してゴール地点へ向かう
チャリンコを置く場所が見つからんで路上に倒し置き ゴールして来る なもホースを待つ
そこへ 「イルムーンさ〜ん ありがとうございました」とmihoしゃん
ゴール瞬間には間に合わなかったんやな ごめんやで〜
よかった ヨカッタ 完走おめでとう♪ 花束が似合っちょったです〜


そして また声をかけてくれちゃったんが NiGHTさん
応援に来られてたんやね 我らが地区でフルマラソンのサブフォー&ローディー&ブロガーカメラを向けるや即ポーズ♪ イカシテルぜ!
このあと係員に「ここは器材があるから自転車は他の場所へ移動させてくださ」とさ


なもホースのご帰還じゃ オ・メ・デ・ト・ウ
この後は なもはん本人のブログヘどうぞ〜 ここポチリ 感動的やったですわ
ILmoonおじちゃんの出番はコレでおしまい・・・


元気復活 ピース ピース じゃね


そしてチャリンコ置いた場所へ行き 神社境内へと向かって押して移動していると 
自転車では入らんで下さいと」おこごといただきましてな そそくさと移動じゃ
前にNiGHTさん発見 何やら話しこんでるみたいやった
それで〜〜皆はどこへ行ったんやろう? 見失ってしもうた
しゃ〜ない 帰るかね 境内ではチャリンコ担いで移動したからね〜だ
自転車では入っちょらんでね〜〜


ほいほい これで本場編は終了じゃが 大会時のチャリンコ移動ならびに帰路コースを
貼り付けとこうね 

次回は 「復路編」へと続く
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

都農尾鈴マラソン大会への声援(往路編)

   
 2014年2月12日(水)

一昨日は雨 昨日は晴れた 良かったヨカッタ!
昨年に引き続き 今年も46回目という「都農尾鈴マラソン大会」への声援に出かけた

目覚時計が鳴った 2個じゃ 起きらんと・・・ワンコズをケージに入れ身支度
チャリンコのタイヤ ブレーキ 変速状態の指導点検 OK♪
走り出したね 片道44km  6時40分発なら十分にマラソン開始に間に合うとみていた
10km程進んで一ツ瀬川の日向大橋の所でフト気づいた・・・
 。韮丕咼汽ぅ灰鵑ついていない・・・充電中で撮り忘れてる!
◆ヾ凌瓦離メラ予備バッテリーがない・・・ワンコズをケージに入れる時手放したみたい
こりゃ〜マズイ! 
引き返したね ビュンビュンとばしたぜ 30km/hでな(ワイヤレスサイコンでの計測)

戻るとあった!あった! 充電中サイコンに ケージの中に落っこちているバッテリー
時計を見る 7時20分 あわわわ このまま自走していちゃ間に合わん どうしよう!?
そや! 列車で行こう 輪行じゃ 前輪を外し輪行袋に入れ込み担いで駅へ急ぐ・・ハアハア
無人駅の階段を上がりホームに着いた それで時刻表を見る
ナニ〜 7時22分発 行ってしもうた後や・・・次の便は7時47分じゃが佐土原止まり
その次は8時43分 これまた佐土原止まり えぇ〜その次・・8時55分
しゃ〜ない 焦ったところでどうにもならん! 
何とかマラソンコースの途中にでも行ければ 写真は撮れる!
結果的には都農駅近くの交差点でハーフ走者を見ることができた(これ以後は本番編で)
それに撮った写真数は350枚程 バッテリー交換やったから取りに戻ったことは是としようでも 魔物がもう一匹おったんや バックパックの外側ファスナーが下がってしもうていて
入れていたゼントスのライトが紛失 落ちたのに気づいていなかった 最大の痛手うぅ〜
縦型ファスナーは締めるのに引き上げタイプはダメじゃで・・・留め金があればなと思った
しゃ〜ないな! 慌てることはミス原因 そのうち小銭貯めての買い直しやな!

そんなこんなで 往路のルート・ラボの記録はない ただ写真は撮れた
まず ホームで列車を待つところから う〜サブ 
向こうの山 鰐塚山だよな 雪が積もっちょる 
(あんな山行くッじゃね〜ぞ ←凍えるだけじゃ済まね〜ぞってね 誰かさんへの心の声)

プラットホームは風避けがない ベンチで待つ一人の女性がいたが寒そうやった
我輩はホームを行ったり来たり ライドすると汗をかくので厚着をしていないからザブィ


それから 孫さん連れのおばあさんがホームへ上がって来たんや
孫さんのテニス試合で宮崎駅へ向かうと言うことやったが
時刻表を見てあげたところ 8時19分の便は
土曜・休日運休とな
そのことを話すと 携帯電話でタクシーを呼ばれましたわ
杖をついておられたんでね 手を貸そうとしたんやが手摺があるからって下りられました
孫くんには「試合に勝てるようにな!」って言ったら「ありがとうございます」とな
おあばあさんが下りられる時に孫くんは既に乗車
タクシーがUターンする時 手を振ったら応えてくれた孫くんとおばあさん
試合はどうやったんやろうな〜


列車を待つ間 見渡しておると遠方で千切り大根干しの作業中


プラットホームにある運転手確認用の鏡やろうが 風景が映っていたんで撮ってみた
こんな場所にある駅なんや こんもり森は 写真撮りでたまに寄る神社ぞね
ン ILmoonのヘルメットが写り込んじょる


特急列車が通過だす ぶお〜い乗せてくでぇ〜


待ちましたですがな ブルルルル〜
乗りこみまして 二両目の車椅子用スペースにチャリンコ置きましたわ


佐土原駅で乗って来られた杖をついた おばあさん
我輩 坐っていた椅子から立ち上がり ドアの方へ急ぎましたわ
ホームから列車のステップに上がれそうにない様子 危ない!
手を引くというより脇を抱えて上がってもらいましたよ 「ありがとう」とな感謝されて
我輩が坐っていた席へ ごあんな〜い♪ その間他の乗客しらんぷり・・

写真を撮るため窓際に立ちましてな 前方の様子を覗いただす
運転席には三人おられましてな 後で1両目に移動したとき気づいたんやが
運転のチェックをしてたみたいや 信号機よ〜し 踏切接近〜 指差しやね
そうや 今朝は指差しを手抜きしたから忘れもんがあったんやとハンセ〜イ


車窓から見る風景 小丸川の河口や ほんと晴れたね


しかし波が荒そうや 風が強いようじゃないのと 川南駅手前の海じゃった


9時29分 都農駅に到着
改札口へは橋を渡らんいかんんで えっちらこっちら階段を上り下り
無人駅で乗車したので整理券を出して清算
待合室内で輪行袋を外して走行準備 待合室にいた3人のおばちゃん連中から声かけられた「あら 自転車だったんですね」だと・・・
はいはい わたしゃ急ぎますんで・・ちょこっと会話して駅を出る
わっ 今スタートした頃やな スタート地点へは間に合わんやん
最も近いマラソンコースへと向かったのじゃった

<本番編へ続く>

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

座論梅梅実サイクリング

   
2014年2月9日(日)

晴れたね HINOサイクル主催のイベントじゃから楽しみにしていたんじゃよ
最近は5時起床でな 目覚ましなって目が覚めた 9時にHINOサイクルからスタート
うん 時間がある 洗濯して干す時間は十分にあるやな たんまり洗濯したね
さ ボチボチ出かけんとな・・・・・電話着信音が鳴った 無視できんやろ
話し込んで 用件確認 PCに向かって作業開始 印刷してFAX送信
サ行会誌近や呂名利期賞でなたのしみにし
わわわわ 8時30分になりよる スタート時刻には間に合いそうにナカ!
電話した つながらん しばらくして なもホースからの着信
結果 市民の森の先にあるコンビニで合流することとなり9時40分
ありゃ? 皆さん通過してしもうたのやろか? しばらく待ってみましょかね
その間 コンビニをバックに写真撮る 


おっカラフル自転車が・・・並べて撮ったりして


10時8分 来たぞキター
先頭でホースが引き連れちょる〜 M女子隊長さまじゃ〜 いやいやカワユ〜イ方じゃ


ありがとうごぜいますだ♪ 


すてきな笑顔だす


ちょいと休憩でね どっちさのコース走るべか?


案内では 宮崎市→旧佐土原市街地→新田原基地正門前→座論梅→西都市街地(昼食予定)→宮崎市 っちなっとったようじゃが・・・
サイクリングロードを走ろうつうことになりましてな
なんでか我輩が先頭で・・・・松林の中を走り抜けます mamyちゃまが追走してるじゃん
元気げんき〜♪ 順調に走っていたのやけれど 後輪から異音が突如発生
いったん止まって見た様子じゃブr−キ周辺? おかしいな? 異常はなさそうやけど・・
しばらく走って フェニックス動物園が近くになった頃
バーンンン 号砲ともいえる破裂音 タイヤのバースト 劣化していたんやろうか
物を踏んだのでもないのに・・・・・
急遽対応開始 チューブは
換用を蛍光しているがタイヤはない!
なるHINOのお父さん 手際がいい サササッって処理してくださいましてね
タイヤを提供いただいたたジュウシロウさん(?)ありがとうございます
お借りしたという事でお返ししますが 聞いてしもうた HINIさんから貰い物やとアハッ♪
んで 帰宅してから見てみるとだすな みどとに破裂しちょるがな
newタイヤを買えっちゅうことやろな! 節の約で前のタイヤを履かせたもんやから・・・
消耗したら 未練残すな 捨て時や ってことやね・・・


これで修理不可能なチューブが溜まってしもうた
家具の下に敷いてのクッション用や 滑り止め材として使った後も十数本残っちょる
処分せにゃな〜


本題に戻るんやが サイクリングロードの日向大橋に向かうトイレ前で数名が帰還
11名となって 日向大橋の側道橋を通過
桃尻撮ってごめんね♪ mihoさま〜


橋の先は工事中やったんやね 一寸回って国道をずれての走行ですわ
先頭から後方な下がっての撮影体制
みなさんランランランですな〜 かねてがロンリーライドの我輩にとっては とても楽しい


ダッシュして前から撮りたい気もするけれど・・・
後ろからシツレイしま〜す♪


あら? バックミラーを見ると人数が減ってぞい・・・
と なもホース嬢からの着信 「引き返す」とさ 
きつくなっての連れの離脱だったようじゃ おおかた20km/hで先頭を走っていたんじゃが
初めての参加の方には無理させちゃイカンっての配慮やったんやね エライ! 
目的地に着いたのは 6名やった


園内に自転車で入り込んだら 駐輪場所を指示されてしもうた
「梅まつり」当日でな 入口の所でスケッチしとる方もおってな
ほいほい 中へ行ってみたんやよ


舞台がありましての
踊りやら なんやらやっとったで 


屋台も並んどったが・・そんなもんやろ・・・値が高い〜〜
トイレ休憩ということになりましたんや
「お腹空いたね〜」って異口同音
向かった先は 西都市の お食事処「ことびき」
店に着くと 別動隊(山岳コース)のメンバーが食事を終えて出てきたところやった
あれこれ情報交換しましての 店内入ってわれら6人席につきましたんや
しっかし〜 お茶が来ん 注文とりに来ん 忙しそうや
しばし もろもろ会話しましたんや いいね この雰囲気 しばらくしての注文
カレーにカツカレー ここの店 ボリュームたっぷり
しかも自転車メンバーつうことで 味噌汁サービスをしてくださったんや
あ 我輩 食事の写真撮らんかった 食い気優先じゃからして


おぉ 満腹じゃ ごっつあん♪
帰りは10号線バイパスからトンネルを避けての迂回 
トンネル地点を過ぎた所から再びバイパスに戻って繁華街方面へ
途中解散で 最終HINOサイクル店へ行ったのは 吾輩のみ
タイヤのこともあったんでね・・・じゃが今日は閉店やった
明日にでも行かんとね!
そんでもって 帰宅途中の「平和台大橋」


上流側の橋のたもとに「屋形はにわ」
するとやな その中に壊れた腕時計が置いてあったわな ヒビが入っちょったで


んで 本日のルートはこんなもんやった 楽しかったやでぇ
ただロンリーライドのフォトポタとは異なり 
あちこちで止まっての写真が撮れんのは残念やな〜 それが集団行動ということなんやが!

それよりもなりよりも ハプニッウ トラブル大王のILmoonとしましては
皆さんにご迷惑をおかけしました ごめんなさい
それと 暖かい心遣いに いっぱいの笑顔 ありがとうございました
次回もメンバーに加えさせて下さいね よろしく〜

走行距離 73.2km   走行AV 18.7km/h 


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

西都原公園へ

   
2014年1月19日(日)

第2回・西都原エンデューロ4時間耐久  つうんで出かけたね
いや〜こりゃこりゃ 冷たかったね 凍える指先 凍傷じゃないかってくらい
出発したときゃ空にゃ月 まさにILmoonじゃ


国道219号線(米良街道)を走っていると 明るくなったぜ あさ〜 


対向車のライトがまぶしいね


西都市に入ってからの埴輪さん オ・デ・ム・カ・エ
「おはよ〜ございますウウウウウ・・・」


春田バイパスに並行するサイクリングロードを通る 土が凍っちょるで〜〜
ガチガチガチ 指先が・・・・


妻高校の横の坂をヒイコラ上り


西都原運動公園の門前   エンデューロの案内盾看板が立っとった


西都原ガイダンスセンター前の広場に向かう
わたしゃ参加者じゃないけに せめて影でも写しとこ でかい影やった


HINOサイクルさんのブースに行きましてね チャリンコ置かせてもらって
凍えた体を温めさせていただきました ありがとうございます
これで写真がいっぱい撮れそうですわい

で 写真はいっぱい撮りましたが・・・手振れ 逆行 ピンボケ・・・これまた沢山
ま 参加者の方々自分探しをやってくださいまし きれいに写っていないのはゴメンナサイ

写真集はこちらです→リンク

たのしゅうござった〜♪
皆さんすごい迫力 わたすにゃ あのパワーないわいな!ってね

で終了するや わたすは ポタポタで帰宅
ただ寄り道たって午後から用事があって遠方へは意見から回り道
初めて通る道に入ったら 草焼きをやっとった



写真撮ってたら「モデルになりましょうか?」ってご婦人方から声かけられた
タハッ



とにかく進めば どこかには出る 道はどこかにつながっちょるでな
正面に見栄たるは KDDI宮崎海底線中継所 
そちらへ向かえばどうにかなるさ



その中継所を通って


サイクリングロードに出たのでありました


走った距離は50.4km  なかなか距離は伸びませぬ 
たんなる移動手段がチャリンコってことかいな




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

| 1/6PAGES | >>



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.