今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

冬最中の長距離ライドは痺れるの巻:前篇

   
2014年12月14日(日)
今日は晴れ晴れの日曜日 わたしゃ寝て曜日 朝寝坊でござる
なんたって あの寒さ激坂向かい風   
身体のあちこち筋肉痛 力が入り過ぎたようで あぁ〜あっ老体仲間入りかいな
そんな状況 今日はゆっくりデイ   
さて 昨日の走行コースです 
GPSデバイスでは128.6kmなのやがルートラボにインポートしたら距離がちがったぞ
それはそれとして そこそこ100km超えたぐらいの距離なのに いや〜まいったね

スタートは 06:20
日の出前 
グローブ2枚重ね 
ウウェストウォマー着用
後半に後悔したのが ゴーグル不着用 
やっぱりイルムンジャー
に変身すべきやった

県道r9で大淀川 
サイクリングロードへ向かう
   
道路標識も見えにくい


通ったサイクリンロード区間は短く 県道r352に出ると左折して「柳瀬橋」側道経を渡る
この間 遠くから犬が吠える 分かるんかねぇ 瞬間のとおりすがりなのに・・・
チャボ♂がコケコッコー♪ ヒヨドリやモズの鳴き声も聞こえる 動物の朝は早いね
「高岡ビタミン館」を過ぎて国道R10高岡トンネル」は右側だけの歩道をゆっくり抜ける
高岡バイパスを走ると 大型トラックが追いかけてくる その度左に寄って手信号”行って”
交差点 左は国道R10  直進しての国道R268  交差点過ぎて坂を上るとすぐにあるトンネル「簗瀬(Yanaze)隧道」 ここじゃ短いし歩道も無いので左側通行


宮崎市と小林市の境の峠を過ぎて「小林市野尻町紙屋新村」おにぎりマークの標識
左先に”日本一 宮崎牛の生産地 小林市”との看板だね 
県内ならあちこちに”日本一宮崎牛”って見かけるよ


紙屋郵便局を過ぎてちょいと上り坂の右側風景 山肌の紅葉 わずかだけれど・・・


小林市紙屋今別府 交差点で止まったら 左手の畑には”霜” 寒いはずだわ
バス停にあった読み方・・・今別府=”いまびゅう”なんです 自転車だと気づく事が多いね


予定していた最初の休憩地 32.6km地点の「萩の茶屋」ラーエン店の上にあるバラ園
気背の横にも丸太彫りの龍があったが バラ園にはフクロウ


著職を摂らずにスタートしたので ここで前夜に作ったオニギリの一個目を食らう
時期になると背景にある斜面がツツジで綺麗な所だ


ちょいとトイレ拝借 管理をラーメン店がされているという 紙・水・電気代を・・・と
10円~20円入れて欲しいと入金箱が置いてあったぞね
手前の休憩所に馬 台車に乗った馬でね 祭りかで曳いていたのかな?
リアルな仔馬でな そりゃ〜 さっそくヘルエットを被せるやろう(笑)
そうそう 今回はヘルメットにはヘッドライトをつけていたんですよ


「のじりこぴあ」には
ケロケロ共和国のシンボル
中へは入らず 写真一枚

以前に園内を回った事が
あり かなりの広さだった

子供から大人まで楽しめる自然いっぱいの
総合レジャーランドとある

後ろに”自然派ばいきん”?よく見たら・・
”ばいきんぐ” やった 


野尻大橋を渡る時 対向の大型貨物車と離合した際は怖かった 風圧でよろけてさ・・
下手すりゃ湖に落ちるでな そんなに高速で走ったら危ないやろう〜〜

「高原」方面に行くなら 幾度か通っている「追分」交差点から左折なのですが
今回は場所目的ではない 通行目的なのだから 国道起点へ向かわにゃならん
昔 宿泊した事のある「ゆ〜ぱるのじり」を通過し 小林市中心地へ進む
道路案内標識が見えた あそこを左折や 角にJoyfull
え〜と この交差点が国道R223の起点のはずやが・・・
記した物が見つからない ないのか? 
走って国道R268  この交差点から直進すると国道R221   左折しても国道R221
そう あの”宮崎発〜えびのループ橋〜加久藤チンネル〜人吉ループ橋”を通って人吉へ行き
国道R219経由で西米良村通り宮崎へ帰って来たのを思い出す きつかった!
起点が人吉市で終点が都城市 一貫にて人吉から都城への走破はない 悩むねぇ
 
そんな事を想い浮かべながら ここは小林市東上町交差点でなのだ
国道R221
国道R223とは一部が重複路線のようだ 
国道R223を調べると総延長:69.2km      実延長:61.7km      現道:61.3kmとある

といったところで 標識が見つからないまま joyfull駐車場片隅でサドル高を調整
どっしりとサドルに乗っかっているような気分だったので サドルを15mmほど高くした
ちょっとのことだが これが大きく影響する 大腿四頭筋への負担が違うのだ


交通量の多いのに対向2車線道 つらつらと宮崎自動車道の下を通り「高原町仲町交差点
直進すると県道r405   左折すると国道R221   れれれれ? 国R223はどっちだ?
もう少し国道R221 で進んでみよう するとやね「高原町二本松」の交差点
ここも幾度か通った所ではあるものの このまま進めば都城だし????
角地のコンビニで聞いてみよう・・・・
店へ入ろうと車から降りて来た方に声を掛けて尋ねる
すると 店前の道がバイパスになってコレが国道223ですと・・
もとの道は二本松交差点を左でね・・・とな
つまりは 高原IC前からのバイパスが本道になったようだ
しかしだよ 高原IC前が起点というのは納得できぬ 
小林市起点なのにIC前に行って踊って来る道順はおかしい・・(独自解釈だが)
県道に格下げになったとはいえ 元の道を走ることにした 引き返しだ


「高原町役場」前を通過 そして「JR高原駅」手和えの踏切りを渡る
正面に高千穂峰と霧島連山  冠雪している様じゃが・・・
あの高千穂峰の向こう側を通ることになるのだが大丈夫か???


「高原町狭野(sano)」 山からの吹き下ろして来る風が冷たい 寒い以上だ 指先が痺れる
手指 足指ともにだ シューズカバーも履いてくりゃ良かったのに・・・


眺めている場合じゃないですらぁ ブルルルル・・・


「狭野神社」鳥居前横の無人販売所 ここで購入したこともあったわな・・・
買い物客がおわしたで・・・


振り返って上って来た坂を見る これからずっと勾配のある坂道 山中へと向かう事になる


右手に高千穂峰を背景にしての「御池」 そして「赤ちゃん像」「よ〜らっしゃい♪」てね
もう幾度となく見る像であるのだが 帽子だけの裸ん坊 ぶるるるる〜


高齢のヘルメット被せを・・・いやいや帽子を脱がせちゃ寒かろう〜
んで ヘルメットは置かせてもろた


とだよ・・・・なんじゃ?ナンジャ?
女の子 男の子 どちらにも股間にキャンディを挟んでおったわ ビヒャヒャ笑ろたで


さらに森の中へと進み行き 標高は徐々に上がって行くよ
自動車なら徐々の勾配だろうが ベダル回しにシンドイさ坂ですがな
紅葉に安らぎを感じつつもであ〜る


山間部特有のワインディング道路(曲がりくねった道路)
あの先は下りか? いやまだ上りか? もう考える事は楽な走りをしたいだけ・・・


おいおい 今のところじゃ凍結はないが・・・
凍結防止剤 塩化カルシウム が置かれちょる この設置 あちこちで見かけた


「御池」を過ぎたら直ぐに都城市でして おにぎりマークにも「都城市御池」とな
おぉ〜県境まであと8kmかいな たかが8kmされど勾配道やでな


こんどこそ あのカーブを曲がれば下り坂?
上り勾配でも上り勾配に錯覚をするようになった 気のせいやで


案の定 上り勾配であって右手に「都城市立御池小学校」 
豊かな自然に囲まれ 鹿や たぬき・イノシシや数多くの野鳥に頻繁に出会える・・・
確かに都会には無い情操教育には最高やね


前には校内へ入っていた事があるけれど 今回はグランドに上がって 高千穂峰を見る


さぁさぁ〜今度こそは正真正銘 下り坂やで・・・ウレヒィ~♪


県道r31
との三差路に下りると 右折しての再び上り坂
宮崎県とは しばしお別れじゃ 県境へとダンジング


宮崎県都城市吉之元町から鹿児島県霧島市(旧;姶良郡霧島町)霧島田口へ突入
小林から29km  小林まで29km   どちらも同じ距離・・・当たり前やろ♪
でもな29km   長かったでぇ もっと長く走ったような気分やわ


県道r480との三差路にロードミラー 
よっしゃ〜 撮るでぇ・・・
ヘッドライトに反射服(百均やでぇ)をつけたままです 外すと荷物になるでね


さっ ちょいとではあるけれど下ります 第二の休憩地点を目指すのです
ここら辺りは細道までも知りたる場所でありまして 何処へ行ったら筍が生えるとか・・
余談ながら訪問したい知人もあちこちと・・・です


ようやくと思えるのですが 霧島神宮前の交差点
参拝は省略なので鳥居は潜りませんが 横断歩道を渡って休憩です


ここから後半が ウブゥ〜〜 どうなることやら心配的中になるのですが・・・
長くなるので続くなのであります・・・・





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント
相変わらず走っていますね〜!
今の季節だと寒さとの戦いもありますね。
御池とか霧島方面が懐かしいです。
御池の山はいつまでも続く感じがまた苦しいですよね(^^;
霧島方面は紅葉がきれいなイメージがあります。
  • Nicky
  • 2014/12/15 9:44 AM
何度走っても走りがいのある所です 
ヒルクライムに強くなくては苦しいコースとなりますよ
でも行って良かったなって思えるからステキな場所なのですよね
息苦しさに寒さが加わると まさしくM的境地になるのかな〜てね
  • ☆Nickyさん
  • 2014/12/15 11:43 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.