今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

上がった? 上がった! 上がったよ

   
2015年1月20日(火)
風邪? インフルエンザ? 体調優れず・・・・の18日でしたが
意を決して・・・”病上がり” でもないのに
”風邪”
気味なのに”風”の強い中を突っ走ってきましたよ・・・19日の出来事です
リベンジを果たさなきゃってね ルーロラボでの走行経路です


今月12日に綾町まで行っての撤退 17日に計画練り直しをして 18日は_ノフ○ グッタリ
(`ハ)))...ι(>。ヘ)へっくしょん (・/A;) 鼻水ズズ・・ながら・・・10時55分スタート
よっしゃ〜 ってね 走り出すと風はあっても身体は温まる だいぶん楽になる
できるだけハイスピードで走ろうと信号機のない「宮崎佐土原西都自転車道線」を進む
今回は目的地まではできるだけ止まらないつもりだった・・・
しかし 一ツ瀬川河口手前に出ると 船・舟が・・・眺めてみたいのよね これって性分?


ズームイン 
漁をしているみたいやね


一人のっている舟は 長ーい竿が二本 場所を移動する船


ワー 海面キラキラ 眩しいよ


砂の溜まった自転車道を タイヤがめり込まないようにと ゆっくり走り抜け 港側へ
今日もいるねぇ 浮かんでいるもの そして浜で羽を乾かしているもの 


「カルガモ」
のなかに「カラス」 どこかしらカラスを敬遠しているカルガモのようです
手前に小鳥 ハトより小さいね セキレイの仲間のようだけれど・・・


水面の方にズイムインしたままカメラを振ると
あら 「ヒドリガモ」 


ペアで移動中 波が立っていましてね 泳ぎにくそう〜


左:メス  右:オス


おや 「オオバン」もいましたよ こちらはロンリーであります
ワタクシのロードバイク走りはアロンですが・・・


ワタクシ トップチューブに跨ったままカメラを構えていましたら
ズッシリとカメラ用具を抱えた蚊らが通りましてね
「こんにちは」「こんにちは
すごいね 本格派だわ 
ワタクシも超望遠といわれる? ボーグレンズを折ってはいるが そんなもんじゃないわ



でね 綾町に向かうのに 何で佐土原〜西都経由って?  17日の計画にはなかったのに
そりゃ〜 100kオーバー走行も意識はしていたけれど
つまりはコレ 12日の記事で掲載したテントの写真 コメントいただいた”日向夏”の内容
気になっていたのですよ 19紐張られていました 2張り 
やはり工事関係者の長期野営泊なのかな・・・・憶測だけれど 
ホームレスとは思えないのよね だってトイレはあるとはいえ環境が良くないもの・・・


さぁ〜て 
第3回西都原エンデューロ4時間耐久は18日に行われたので行くもなし
「宮崎佐土原西都自転車道線」から外れて これまた計画になかったコースへ

そうだ 此処までで すれ違いで出会った自転車2 ジョギング者3 ウォーキング者4
犬連れ散歩者1 その中でシェラトンホテル前でのローヂーとは気持ち良く元気な交換挨拶
自転車道ですれ違ったスポーツ自転車・・これは挨拶が戻って来なかった(ヘルメットなし)
ジョギング者 ウォーキング者は心地よい挨拶をかわす

そして・・・
国道R219の春田バイパス交差点
までなら行くども通った道 だけど直進したことはない
進んでみりゃ〜 どうにかなるわ 道はどこかで繋がっておるさ・・ってね
こんなところは 冒険心だ

ところがドッコイ 
密集住宅地があるようだけれど いきなり”上り”
息だって”上り”ますわ ふ〜っ バイクを左右に振りながら上る坂の途中
海が見える坂 
でありました


はんら〜 後半に激坂が待っているのに 前半で坂になるなんて・・・
しかし引き返しては時間ロス よっしゃ〜いくでぇ〜


上がりきって平坦地を進むと三差路 左?右?
道路の拡張工事だわ 民家の横に座っていた工事関係者の方に 大声を出して聞いた
「お尋ねしま〜す 左へ行ったら何処に出ますか?」 「畑の細い道で行き止まりですよ
「真っ直ぐだと何処にでるんでしょう?」「
都於郡(とのこおり)
中学校の正面にでますよ
「ありがとうございます 感謝でーす」「ハーイ
助かりました♪ 振り返っての写真です
(左への道とは 遠方右奥に車が写っている場所:写真では右方向)


道路拡張工事手はいっても全線ではないのです 畑の真ん中を突っ切って〜
道中央を走らなきゃハンドルを取られる砂利溜まり・・・


西都市の方向です 晴れてはいるけれど 高所に来ると まっぽし風


”東九州自動車道”
の上を渡ります(写真は西都市の方向)


橋を渡りきると 左手に見えた物 行ってみるだす
ダイコン畑


そして 千切り大根干し 陽が当たり 風も当たりで乾きが良いでしょうね


ダイコン干しを裏側から見ると・・ゴミが飛んでくるような場所でなし 自然食にピッタシ


ちょっと上ったら下り坂のようですぜ
車が上がってくるのが見えたでね ラッキー♪


快速で下ると”都於郡(とのこおり)
中学校”前の交差点
 
12日には ここで引き返した(右方向)場所よね


中学校前を左折して ズン!ズン!ズン〜 下り坂 また東九州自動車道の上の橋を渡り
県道r14への交差点(信号が変るのが長かった)を右折して さらに県道r26の接点で右折
”国富町役場”方面へ向かっているのだけれど ヘイコレヘイコラ 鼓動も上がる・・
給水タイム ガードレールにロードバイクを寄せ立て振り返る 
トラックがブレーキかけて下って行くわ


ヤホーヤッホー 
下り坂サイコー♪ 綾町まであと16kmね


”太田原橋”
の所に”綾宮崎自転車道線”の案内標識 そっちにゃ行かんも〜ん


カーブの上りを走りきって 国富町役場方面へ
路側帯にこれ程の幅があると嬉しいな どの道にもね せめて国道・県道にはさ
それに朗側にあれば良いのだけれど・・・逆送自転車がいなくなるように・・・
でお路側帯が広くてもガツガツした路円は嫌だね 振動が激しくってさ


国富町”本庄”から”森永”へと向かう短い下り坂を終えると”綾町”方面の風景


堤防が見える”綾北川”だ 柵で仕切られた歩道幅は広い しかしそこは走らない
ガツガツしていてロードバイクには不向きなのだ 路側帯を広くして欲しいな


”川久保橋”の一つ手前の橋が町境です  やはり向い風 辛いね


腹が減っていて 途中に何軒かの食事処とある店が目についたけれど 
休憩地点へ着くまでは辛抱じゃ おそらく走行開始50kmあたりになるであろう綾町役場横
”手づくり ほんもの処” 幾台もある屋外テーブルには誰も坐っていません 風あるものね
一番端っこを陣取ります 
ょっと先にバイクラックはあるのだけれどテーブル横に寄せ立てです


グローブを脱ぎ ヘルメットを外し 脚を伸ばして しばし休憩
そうだ ボトルの水が蹴っているので補充しなければ・・・
樹の先に脇水の給水所があるんです

販売所の軒下を除くと 美味しそうなミカン 安いんですよ
欲しかったけれど買えば荷物になるし・・・試食でもあれば??? なかった w


ほらココ 給水できるのです
写真を取った跡 ボトルに補水しようとしたら 男性が足を洗ってね・・・
終るまで待っている間 「冷たいでしょうに うわ〜」って言うと
冷たくないですよ ぬるいですよ」と笑いながら応えてくれた


オッ 確かに温い できりゃ〜アッタカなコーヒーをのみたいけれど・・・
今回も節約ライドでございます


節約と言えば 食事も自前のオニギリ 冷たくなっておりましてな
振りかけ混ぜ込み飯に 真ん中鮭フレーク 3個もね 炭水化物の補給ですわ


休憩 食事 休憩 終えたらリスタートです いよいよ難所へ向かいます
現在の気温 19°C 風がなけりゃ 最高なのだけれどさ


後半へ突入・・・・次回へ続く      後篇はこちからリンク


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ  ポチリクリックを宜しく (^^ゞ  

コメント
長い距離をお疲れ様でした!
あのテント・・・、やはりありましたか?
私が見た時は、ロープに洗濯物干していたのでてっきり自転車旅行と思ったのですが、じゃなさそうですね。
あらっ 洗濯干しねぇ そりゃ今回はねぇかった
ロードバイクとかランドナーがあれば「こんちわ〜」てね
でも 聞いてみる勇気はないし…今後継続観察ってことで(笑)
ズバリ 今回も挑戦的なライドでしたよ・・・疲れました
  • ◎日向夏さん
  • 2015/01/20 8:08 PM
あのテントの人は去年、一昨年もいましたよ!
以前はテントは一つだったけど、ここ最近二つに増えましたね。ちなみに黄緑の人はMTBっぽい自転車に乗っています。もう一人の人はルイガノだったのは見ました。
でも、全然素性が分からず声をかける勇気はありませんでした(^^;
  • Nicky
  • 2015/01/21 9:05 AM
へ へぇ〜 となるとワタクシの勘ははずれてるようですね
Nickyさんは通る回数が多い訳だし・・・気にしない方が得策だったり・・
そうだよ 何かの目的があってのことだろうけれどね
  • ◎Nickyさん
  • 2015/01/21 10:11 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.