今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

あんなコ−スは嫌だ 向い風と闘う

   
2013年11月28日(木)

道の駅青雲端を12時10分頃やったか 出発しまして国道218号線を進みます
風の激風日でした 向い風というか逆風ですね
走れば当然に風を切り それが抵抗になるのですが とまっていても押しやられる感じ
きついです
右側に何やら標柱が見えたので 道を横断したのですが道案内でした
今回走ったのは日之影バイパスで ロケーションは良いのだけれど 
気分的には未踏ルートの神話街道が何やら面白そうなのだけれどね 


また高所の橋を渡るときは柵で仕切られた歩道が右側で 速度を落としての通行です
いくつもの谷の上を通過します


向い風というか 左からの強風にはヒヤリとします


出口の見える「平底トンネル」でもライトオン
大型車が通行するので左側走行は怖いです 安全に 安全に!


平底トンネルを抜けると 右側の歩道が無くなり 左斜線へと渡ります
色づいた木々からの枯葉がパラパラパサパサ舞う中での進行です
も〜 眼が痛い・・・・休憩中には点眼液をさすとヒリヒリしみる
ゴーグルつけて イルムーンジャーに変身してのライドをすべきやった


晴れているのは幸い 景色も良い されど風で疲労 脚力が落ち込む 
追い風ならば楽なのに・・・


ふ〜 ちょっと下ってみたくなるような気分にもなったけれど 
また上がって来にゃならんと考えると 写真だけに留めておこう


ススキの遠方には山 山 山
ひょっとして 進路はあの山の方向か?
複雑心境に」なってきた


左斜め前方に「天翔大橋」だ
一度は渡ってみたい橋だわな 橋上からの眺めも見たいものじゃ

国道から天翔大橋へとつながる下り坂での分岐点で ガードレールにチャリンコ立てかる
美しい端だね・・・

道路横断には 「右左右 車よ〜し Go Now」
しゃべる相手のいないロンリーライドは いつも独り言
休憩地で人に話しかけることはあっても・・・・(道の確認とかね)
建築資材置き場前で指差し確認


ほれほれ 黄葉じゃ      紅葉 黄葉・・呼び方は同じじゃね


日之影町から高千穂町へ入るぞ〜
手前でも交通規制をやってたよ
写真を撮って カメラをしまいこみ 橋に向かおうとすると 
デカイダンプが真後ろにいてね 
左端に避けて手信号で先へ行っとくれ〜 
そうそう 近くにユースホステルがあった記憶・・高校生の折泊まったことがある
その頃から一人旅やったなぁ〜


神楽の絵が トンネルへいらっしゃ〜い
左の歩道入り口を過ぎてしまっていて 植え込みの先で チャリンコを担いぎ柵をまたいだ
よ〜やるわ〜


高千穂町役場への交差点手前にドラッグショップが見えて 急遽店へ立ち寄った
サージカルテープを買おうとね
かねては救急用品として携帯しているのに バッグに入れ忘れていた
片眼の角膜を傷めているのでマブタをふさいで風があたらないようにするためだ 
やっぱり ゴーグルをすべきやったなぁ

高千穂は以前 毎月来ていたところでもあり 神社めぐりは省略
ただ ひたすら走るのみ 景色や珍しい発見では立ち寄るけれど・・・
あいあい♪ 着きましたですかな
道から左方へいったん下って右側の道の駅高千穂
おっ 14時じゃ かなりペースが落ちとるでぇ 計画じゃ ここは正午のはずやったのに
観光案内所前にチャリンコ置いて どこか渓流場所は???
道の駅には バイクラックが欲しいよな ないねぇ〜


柵の支柱に繋留して 用足しついでの またまた自写
背中にブリティシュマークと自転車図柄があるのだけれど見返り撮影はせんなった
で 「つえ掛け」なる物 気配りやね 全部の男子尿器の脇壁につけられとった


チャリンコを手押しで移動すると
ニャーン ニャーン 甘えた声で近寄るニャンコ
「あげるものは な〜んも持っちょらんとよ〜」 ナデナデナデ
「体をくねらせ擦り寄ってもダ〜メ」


その様子を見ている二匹のニャンコ
観光客から可愛がられているのかもね
ただ・・・停めてある車の下には潜らんでね 危ないからにゃ〜


道の駅を出て国道218号線を走るには 
自動車だと駐車場を出て立体交差することとなるけど 
チャリンコは橋を渡る右側歩道を通行して 先の交差点で車線変更すればよし

店員さんに道を確認して 先へ進みます


ここまでの走行距離は132.5km  あと100kmかぁ〜〜
「天手力男命(あめのたぢからのみこと)さん たのんます! 私にも力を・・」
「お前しだいじゃ〜 甘くないぞ〜」って にらみ返されたごつあります



ま ここで引き返せは苦労は無かったに・・・・・
どうなることやら・・・・【続く】

   ポチッ宜しくワン   にほんブログ村 自転車ブログへ
クリックだけで投票でき、投票後はランキングページに移動します。
移動先から このページに戻るには、左肩の ←印をクリック下さいね。

コメント
200キロ越えの山岳コース、ものすごいチャレンジですね。

橋の上での突風は怖いですよね。

景色はめちゃよさそうですが、この時間帯からは日の短いこの時期はちょっと不安ですよね。

続き楽しみです。
これこれ、これですね(^-^)
暗闇の標高1000mの記事は!!
ほんとに続きが楽しみ!!
何があったのかな〜|緊張|ョ゚Д゚;))))ドキドキ
ドキドキにぽち
天翔大橋、こうやってみるとなんだかすごいですね〜。
交通量はどうかしらないけど…(^^;
トンネルとか橋とかはけっこう怖いですよね。
充分な走行スペースもないし、大型車は来るし…。
  • Nicky
  • 2013/11/29 11:14 AM
山岳では日没後の暗黒が早いこと 月夜で明るければいいけれど
不安さ満点 怖いですよ 人気がないとよけいに・・・
火野正平さんだったら高所の橋が連続するので輪行コースかも(笑)
あちらさんは5人組での移動だしスタッフが見守っているもんね
  • >tac-phenさん
  • 2013/11/29 1:40 PM
自身がドキドキ感120% いや150%かな まさしく探検ですよ〜
ロンリーライドじゃサポーターがいませんしね
バックパックを背負うべきだったか・・・食料&衣服をね
ぽち感謝
  • >さるるこさん
  • 2013/11/29 2:00 PM
天翔大橋の交通量は 見ている限りは少なそうでしたよ
走行スペースが狭いのは 怖くて極端にスピードダウン 
セーフライトは必需品です 
またILmoonのバイクはテールランプ+反射板+反射テープのベタ貼り
これからは せいぜい150kmが限界かな〜日照時間が短く寒いし
  • >Nickyさん
  • 2013/11/29 2:20 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.