今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

筋力の衰えか?未復活ライド1/2

   
2014年9月2日(火)

ロングライドに向けての序奏というべき序走を昼過ぎに出発
何処をどう回るなんて計画なしなのだけれど 上り坂アタックで調子をみるたまやった
それが なんと・・・・・なのだ 2分しての投稿にした
 走行距離は 71.34km    帰り着いたのは17時 
ロンリーライドだけに訪問先での散策時間が長くなってね・・・・
走行コース

GPS標高設定を確認していなかったので起伏を勾配を表示できないのは残念
結構な訓練になりましたぜ 疲れたわいな

週発時に玄関で鏡撮り
この写真と後半1/2=明日に投稿:での鏡撮りでは どこかが違うのだ サテ?


庭の鉢植えマツバボタンが開いておりました


国道219号線に入るまでの信号機でストップ しっかりルール遵守ですぞ
信号待ちではグレーティング(側溝格子蓋)から ド根性ムラサキツユクサ 
数か所で見る事が出来た 水分補給に困らんだろうからね 


国道から左折して いよいよ坂へ挑もうとすると 左手に神社 行ってみた
廣原神社(山王社)と商機されていた 
坂を上りつめると 右手に「けいりん場外車券売場」だ


アップダウン ダウンアップ 楽しいと言う気分じゃないが写真を撮る以外は足着きなしヨ


ここは先日に庭木剪定枝を焼却するために来た場所「エコクリーンプラザいやざき」だ
正門の方へ曲がって給水タイム


「ほがらか湯」ここでの入浴経験はないが 檜風呂風浴槽 岩フロ 歩行風呂 低温サウナ
があって 大人が200円 
隣接する「エコクリーンプラザみやざき」から発生する余熱を利用しているんやて!


十字路で右折すべきだろうと考えたのだが ゴルフ倶楽部の看板をみてしまったものだから
通った事のない道やで直進 ここも坂が待ち構えちょる
東九州自動車道の上を渡たり 「亀の甲カントリー倶楽部」の横を通る


下りになって(進行方向右車線へ横断し振り返っての像)停車


目に入った物がコレ 「豚京足」とあるが・・・・薮の中
どれほどの利用者があったものやら 山の中だもの


更に下る ということは走ってこれだけの上りがあったということでしてな
三差路に出た所で どうしよう? 右へ行ったら「宮崎ゴルフ倶楽部」
道路標識が見当たらず左折(ルートラボでは右折で県道24号線に出た方が良かったかも)


狭い道を下ってゆくと 通った事のある風景「宮崎アスモ」
自動車用小型オータ製造の会社だ


ということは またまた上り坂
そして結果的に山の中を一周したことになり 再びゴルフ倶楽部の看板場所
結局この地点で直進 看板を見た時に右折する方向だった


下って 下って 国道219号線へと向かう所手前で左折 ここからがまた上り坂
ここは幾度か通った道 上りではペダルが重い・・・というより体重がありすぎるのを実感都於郡(とのこおり)小学校前までが上り それからが下り 城跡入口道前で給水休憩 
800ccボトル水が空になる


せっかくやから こっちの看板前でもタイマー撮影


正面に清水神社だ 交差点を右折だな


神社前のロードミラーで鏡撮り
鏡面が歪んでいて イルムンジャーひょろひょろ


西都原古墳群が近いこともあってか この神社の近くは「清水西原古墳群」があり 
25基の古墳が点在しているとの案内板があった


階段右側に沿道修景樹木のクスノキがそびえ 階段を上ってみると「親子イチョウ」の名の木があった 参拝しようと まず 手水舎の柄杓を撮ったのだが・・・
口をすすぐのは避けたのやった・・・手袋したまま・・・この後取りましたよ!


鳥居の左のかかっているのが クスノキ
で 手摺が中央に・・・・良からぬことを思うものでしてな
児童の頃 格好の階段手摺でな 腰をかけての尻滑り・・・
やりたかったのやけど  怪我の元 止めますで! 神社やし〜


県道24号線を進み 交差点で 直進?曲がる?
最初から行く先コースを決めたいないので 行き当たりばったり
「三笠」交差点も根拠なく直進 すると左手に案内標識発見
「日向国分寺跡」 「木喰五智館(モクジキゴチカン)」って・・そりゃ行くでしょ! 
また上り坂

まず「木喰五智館」へ


五智如来坐像
中央に本尊の大日如来 その右側に阿弥陀如来 釈迦如来 左側へ薬師如来 宝生如来
クスの大木で刻まれたとあった


境内には 巨木100選 のイチョウ 推定樹齢600年 幹周800cm 樹高20m
木喰は この樹に龕(ズシ)を造り小さな像を祀り その空洞の穴が樹皮でふさがれたとき
再び現れると告げたという伝説が紹介されている


国分寺跡の説明板


汗がひいたところで 下ってコンビニに寄る 空のボトルに飲料水補給
この後つづく♪

かねてから訪問いただき感謝☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

コメント
なんか歴史的な場所巡りサイクリングっぽいですね!
ILさんらしい感じで(・∀・)イイ!!
ほがらか湯は一度だけ利用したことがありますが、
お客さんいなくて貸切〜♪
キレイでなかなかよかったですよ☆
坂に挑戦とはなんだか珍しいですね!!
ブランクがあると一気に衰えてしまうので、また地道に復活していかないといけませんね♪
  • Nicky
  • 2014/09/03 11:08 AM
ほがらか湯ね 駐車場には車がいっぱいでした
熱い湯が苦手で かねてがシャワー派で・・・冬も!
新陳代謝のためには腰湯とか・・・良いのだろうけれど!
家族湯があればいいのになぁ〜って思ったりデス
イルムンジャースタイルのライドなので集団ライドでは嫌がられるかもね
グルメなし ガンガン走りなしだからねぇ〜☆39
  • >なもさん
  • 2014/09/03 11:47 AM
趣向を変えたのじゃないのですが・・・
ロングライドとなるとどうしても坂を避けられませんしね
訓練しとかなきゃ やっぱり〜なのよ 
そうそうブランクを取り戻すには時間がかかりそうです 
短距離でも継続が力ですよ・・・タク!
  • >Nickyさん
  • 2014/09/03 11:52 AM
推定樹齢600年の イチョウ ・・・素晴らしい
屋久杉と どっちが 古いんでしょうね〜
  • willy
  • 2014/09/03 10:49 PM
凄い寿命 生命体ですよね 屋久杉とは樹齢1000年以上のものを称しているとのことですから そりゃも〜デス! 屋久島へ幾度か行っていますが神秘と畏敬を感じますよ もちろん自転車じゃ登れませぬが・・・・ 
  • >Willyさん
  • 2014/09/04 8:44 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.