今日もポタポタ:日常記録 <ILmoonの写楽>

ロードバイク関連から犬に写真と日常雑多の記事内容
旅への願望も思うようにならないのが人生の常ならむ・・・
                                      ご訪問ありがとう〜 感謝します〜♪           

久々の"らんらんサイクリング”

   
2014年1月12日(日)

早朝4時起床 チャリンコ置き場で出かける準備をする
空を見る 曇り 月が見えんでの〜 午後5時あたりからは雨の予報
6時に家を出発し 近場へ向かう 
8時半 再種発で向かったのは HINOサイクル店
恒例 「らんらんサイクリング」に参加するためだ 久々のことだわさ

9時半出発予定で 行き先は「綾町」希望者は「綾吊り端」までがと聞かされた
こりゃまた あの坂こんなを上がっての「吊り橋」やよ
第3班のシンガリを走り出した


走り出して13.8km地点で国富町の「式部の里吊り橋へ行く人or行かぬ人の申告
睡眠不足やし 朝食を摂っとらんし どうしよう・・・(悩)
ま これまた久々のことやし走行距離稼ぎのためには行っとくべ♪ 
これまたジンガリスタート 29km地点 勾配8%台に向かう手前で 喉渇き脚重し
健脚アスリートのメンバーがアシストしてくれたが 止まることを告げる「あるがとね」
彼はスススス・・・見る見る間に遠ざかる すごいやな〜 
「老輩とて昔はあんなことあったさ!」 な〜んて昔を思い浮かべ・・・
写真ポイントなるかと停止しての給水 結果は写真になならん場所やった

それから ボッチ走行というか ロンリーで上がっていると 29.4km地点
右前方のい泡が露出した山肌 「おっ 磨崖仏じゃないだろうけれど岩の形が面白いやん」
再び停止(写真撮りのための停止)
すると前方より勢いある速度で下ってくる"なもホース" 声をかけられたでげす
さ〜すが 打倒・上り坂なるM美女子隊長隊長やんけ♪
そんあわけで 撮ったんがこれ 段階ズームじゃ
人の顔? 類人猿? 男?女? 見方によっちゃ他にも似とるかしれんが・・どぉお?


多くの方が下って行った後に ようやく到着 トイレ前に8人の勇者+1
(この写真じゃ4人じゃけどね)
吊り橋は何度も行っとるしで写真も撮らなんだ


じゃけどな 写真見て気づいたんやが・・・女子トイレ前のチャリンコは誰のもんや〜?

ダウンを着ていたので汗だくでな 手洗い場所で洗顔やったよ
メンバーの班長に電話連絡ありで 途中で弁当を各自買って 綾町「ふれあい館」集合やと
帰りはダー・・・・・速え〜速え〜
綾 手作りほんものセンター」の前まで来ると メンバーに気づき 
行き過ぎたのでが引き返しての合流 ここに弁当ありとの情報を聞く
なるほど沢山あるんやな 通常オニギリ持参で買うことがないから知らんかった
そして 「ふれあい館」へ 
ロンリーライドに慣れすぎて いつもの離れ座りのシャイな性格丸出し ←まったくウソ
かわいそうやからと なもホースがテーブルにきてくれて 会話しながらの食事となった
あんがとね M美女子隊長♪
離れた先のテーブルではコミュニケーション華盛り

さ 帰るべ HINOサイクル向けて
思い思いのスタートで 後をついって行ったのやが 途中で左側の堤防道へ
平均速度34km/h 平坦地はわりかしススイのスイ 前方へ走り抜けての「本庄橋
待ち構えての写真を・・・と思ったんやが皆がこちらえきたのじゃなかったようや
ここでだいぶん待っていたんやけれどな





「どうしたの」ってHINOおかあさんから超えかけられて 「写真撮り」ってね



柳瀬橋」真向かいのコンビにがそれぞれの道への分岐点
「有田橋」を渡る方 「有田橋」を渡る方に分かれます
我が家は「有田端」を」渡ったほうが近いのやけれど 前行く方を追うことにした
横断歩道から右折で〜す

HINOサイクルさんとこが最終解散地点
みなさんありがとうございました これまた久々の集団走行で楽しかったことです
HINOさんありがとうございました

帰りは市役所前をとおりますと まだ設置してありましたよ
宮崎の土地には似合わないようだけれど・・・季節ものってことで・・・


橘通りの車道はタクシーやバスの停車があったりで走りにくいのよね
しかも歩道と車道の間の自転車レーン 専用じゃないし一方交通でもない 
対面自転車が走ってくるので走りづらい ここだって左側の一方通行にして欲しいものよ

てなことで 車道を走っておりますとな 成人式があったんやろうな 着飾った若者たち
一生に一度とはいえ その一度っきりのために金をかけて着飾るか?
天邪鬼でもあるILmoonは不思議に思う 思うは人それぞれではあるがね
ワタシャ普段着派じゃから! その金あったら社会貢献活動に使うがな・・・
成人式に出たくとも出れん若者が大勢いいるんやし・・・


ほいほい 帰宅してたら檻の中でワンコズが待っとった 
あんたらもヒモジカッタナー よしよし♪

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

雨の予感が的中

   
2013年10月10日(木)

そうだよ コスモスを身に行こう “えびの”じゃ遠い 西都原公園かな
15時が過ぎてからの出発なので遠くにゃ行けぬ 
空はどんより・・・途中で降雨に合わなきゃ良いけど

国道219号線(米良街道)〜春田バイパス経由 このコースやとトンネルを抜けんといかん
トンネル前で止まり 前方&後方&前方&後方 車の接近が無いことを確認し右側の歩道へ渡る
セーフ ここが難所なんですよ 事故ったら終りやからね 
振り返って来た道を撮る 左の下りではなく柵の向こうの上りを通ってきた



この場所 “黄昏さん”が撮られる”ちらり〜んさん”の「おはよう」ご挨拶のスポット
埴輪さんのお出迎え



ILはロンリーライドなので 走りながらでは自分を写せない
せめて写せるのはこれくらいじゃね 「これっくらいの 埴輪さん」でした 5cm位(笑) 



西都ICへの分岐点を過ぎ 四日市の交差点まではサイクリングロードです
四日市交差点を左折すると 後続車がILを避けながら追い越して行きました



曲がり角を間違ったような思いをしながら 先へ進むと案内あり
道路標識だと 直進は「国富 高岡」右折は「西都市街」とありますが
手前に「三納方面」の矢印がある立て看板 これは有り難い 迷わずに済む 的確やな
右折して 「三財川支流」の橋を通過です ますます雲が暑くなって来たような気配です



「宮の下」交差点で信号機停止すると右前方に「へそ祭り」やと・・・へぇそぉ〜〜♪
概ね直線が続きまして 後方をミラーで確認するも車の通行量少なし ビュンビュクビュン



やれ とうつぁく〜〜 三納川に架かる側道橋からのコスモスです
ここが目的地でありました 



河川敷へ下りまして 立てかける場所がないので いつものヘルメットスタンド
このせいか へルメットのてっぺんが薄くなったような 禿げてはいないけどぉ


コスモスひとり占め〜♪ 昨年より株数が減ったみたいだな・・・



コスモスを乗せて帰ろうかね

「三納川」をバックに 白 紅 薄紅  広大なコスモス園もいいけれど 
見に来る人は少ないかもしれないけれど こんな場所って好きなんだよな



コスモスを楽しんでいると堤防から下りてきた軽トラック 
ILのチャリンコが邪魔じゃろう・・・急いで戻ると
「大丈夫ですよ 通れますから」「あわてさせましたね ごめんなさい」だと
「いえいえ 申し訳ありません」
この挨拶から 会話につながり コスモスの話題に始まり
10月13日開催予定だった「第1回 ツール・ド・ミヤザキ in 西都」が中止になった話題
自転車乗りの話題  それから 車から網カゴを取り出されていたので 何の捕獲かの話題この川は綺麗なので 獲れた「山太郎蟹」を湯がくと綺麗な色になるんだとか・・・
だいぶん漁獲量が減ったとの話し・・・・

「おじゃましました」「ありがとうございます」とペダルを踏みだすと
「また あいましょう」って言ってくださいましたよ

その時・・・・・雨じゃ〜 ポツポツとな
橋に上がって その方の車を写す



角にある駐在所の交差点を右折し西都市市街地方向へ
ははは 地図なし 勘頼りの走行じゃから 遠回り〜〜
あらららら 見覚えのある通りじゃけど 帰る方向とは逆にじゃないかいな???
そうよ 途中右折すれば良かったものを 左折したものやから ぐるっとね
それに雨がジャジャンと強くなりましてね
女子高生やろな たくさんの荷を持って濡れながら歩いて行きましたよ
リュックには数個の小さな縫いぐりみが濡れながら揺れとりましたがな

次の交差点では老齢のご夫婦とお見受けしましたが 雨の中の犬連れ散歩
信号機停止でしたので 「雨になりましたね」って声をかけますとね
「はぁ 雨ですね お気をつけて下さいね」って 嬉しいですよね



宮崎への道に曲がって行きますと フェンスに「アサガオ」
まだまだ 夏か残っちょりますねぇ


往路のトンネルは嫌なので バイパスを通らず 左折しての佐土原方向
たぶん おそらく こちらで良かったよね・・・瞬時の自己決断 行くしかないでしょ
もう チャリンコも服もビッチャビチャ
「できれば 買ってきて欲しいのよね」と頼まれていた買い物
道は間違ってはいなかったのだけれど 行き過ぎてしまって・・・
あれっ? 踏切 ! ライトをつけての走行になっていて 風景見落としでした
即座にUターンしたのが墓地の前
踏切渡って線路沿いに走ろうと右折すると
角の電信柱の陰から・・・・・「もぉ〜し もし」 
呼び止められたかのような 女性の低い声 こえ〜ぇ
「もしもし あのね・・・・」 オイオイ そんな所で電話すんなよ〜〜

そんなこんなで買い物も済ませての帰宅とあいなりました
走行距離 54.7kmでござった


  ポチッ宜しくワン   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

調整&ルート確認ロンリーライド【後編】

   
2013年9月28日(土)

畑や田の土手 草むらからコオロギの声 しきりにプロポーズ大作戦 命を張ってるね
国道を右にして安心走行です 速度は上げられないけれど・・・・



ビニールハウス群を抜けると ちょっと広めの交差点に出て 直進すべきか・・・
前方は砂利道になっている 左折して踏切を渡っ所で前方より歩行者
「こんにちは お聞きしますが このハウスの間の道はずっと続いて進めるでしょうか」と
すると いや〜途切れるよ と言われるので往路の道に出た

モズの声があちこちから聞こえて 縄張り争いもさかんやねぇ
国道には出たくないので復路は往路と同じ道
おっ 三差路・・・道ナリじゃなくて左折してみようか
宮田浜入江の前に出た 新富港にもなってるんやね

海というか河口というか 眺めると漁船
 


手前の浅瀬で シジミ採りやろうか 掘ってはフルイでより分けていたけれど
なかなか 収穫なさそうやね



一ツ瀬川河口の堤防を進むと 対岸に佐土原のKDDI宮崎海底線中継所の塔が見えた
ということは ぐるりと上流へ回り込みしないとイカンちゅうことやね



前方西が茜空 日が沈むね 急ごうかな



早朝の出立が少ないので いつも夕刻の帰路になってしまう
なので サングラスだけでは走れなくなるから 
先日は眼鏡のレンズ交換で自転車用にすることにしたのです
従前使っている大きめで重たい黒縁フレーム眼鏡(自転車用だがずれて不調)に掛け替えた

綺麗だね・・・



グエ グエ グエッ ん 聞きなれた鳥の声
コンデジじゃ遠くに浮かぶ様子が撮れないので カメラを替えた



もうやってきたのかな 「カルガモ」でしょう



日向大橋が見えて 手前にJR日豊本線の鉄橋
舗装道から堤防上に上がると 夕日が沈んだ
堤防上は草がかられていてはいるものの 乗車での移動は無理
手押しで歩いたね



JR線路近くに進むと 進入禁止の立て看板
あらら 道がない 急斜面をズルズルと下りると民家の庭先・・・ごめんなさ〜い



前後に灯火 あとは寄る所 寄り道なしで帰宅です
あ〜 面白かったなぁ〜 また見知らぬ道を走りたいナ
我家近くになって 店の駐車場証明の下で 最終のサドル眥汗阿鮃圓辰
27日の走行距離は 64.9km
  ポチッ宜しくワン   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

調整&ルート確認ロンリーライド

   
2013年9月27日(金)

昨日 「明日のこころだ〜」といったのが 「今日のこころだ〜♪」でありました。
まぁ なんと 朝9時半に着配だったのです ”シートクランプ” 嬉しいじゃありませんか
早速 開梱しましてね それにしても これ一つには似合わない箱の大きさです事!



じゃぁー 早速交換取り付けですよ
これは 従来のシングルボルト締めのクランプ



こちらが 届いたフレームとシートポストのダブル締めクランプ
おおかたサドル高はこれ程かと概ねで取り付けし 走行しながら調整する事にした
シートポストバッグの上部の青色紐は重みや振動で垂れ下がらないための吊り紐です



さて 調整走行を兼ねての用事で走ってきたのは13.8km
ホホー きつく締め込んでいないのに ずれ落ちていない!スゴイ
これだと ポストキャリアにしたときだって大丈夫じゃないだろうか 頼もしいぜよ
送料・手数料込みで2,538円也 予定より早く届いたし この値段の価値はありますよ

それから 一旦帰宅してバックパックから ウエストバッグに換えてルート確認走行です
  itijouji1969 さん & ちらり〜んさん そして なもさん が走っておられる新富〜高鍋間の10号線回避ルートを走ってみたかったのです
できれば 美々津〜東都農間の旧リニアモーター実験線沿いのコースもと思ったのですが時間が足りません

ということで スタートしたのは15時半
ルートはこんなところで・・・


まずは 国道10号線の“宮崎北バイパス”へ上がります



交通量の多い時間帯になってしまったのか 
狭いうえに 凸凹だし 逆走自転車がいるわで 歩道は走りたくないし
追い越して行く車と縁石の間も狭くて・・・縁石は撤去して欲しいと思うIL
工事費を考えれば 路面カラーペイントの方がましじゃないのかね!
そうなると逆走が無くなるのではと思ったりして・・・

はい JR佐土原駅前の交差点で信号ストップ
歩道側にアマリリスが咲いていた きれいだねぇ 百合じゃないよねって



進んで行くと 今まで気づいていなかった鳥居が見えて 進路変更
“下田島神社”への道で 突き当りが神社だ 



ロードミラーとくりゃ 今日のいでたち記録にとカメラを向けた



地図なし キューシートなし コンパス頼らず 勘だけでの方向進行
国道10号線に戻り  日向大橋へと向かう
途中の本流一ツ瀬川に注ぐ皮の風景と大橋手前の交差点



端の手前に植栽されている木に花が咲いている あれ? この花って春の花・・
ツクバネウツギ(スイカズラ科)だと思うけど・・・ 秋も春と感じたか??



日向大橋側道橋を軽快に走り・・・とはいっても向かい風
ゆっくり走る分には気持ちいい良いのだけれど 速度を上げるともろに抵抗になる
かねて走る道を 途中で右折 この先が未走ルート
確かに通行する自動車の数が少ない裏道ってところかな
おぉー 影が長くなってきたよ 日が短くなったなぁ〜



あらっ ここに出るんやぁ〜 前に来た道 宮田浜公園への道
ふ〜ん だったら道ナリに進めば良さそうやね
湖水ケ池公園の横道を進んで行くと 大きな看板が目に付いた なるほどねぇ



それで 踏切の所まで来ると 同じ看板があったが とにかく行ける所までまっすぐに・・
するとどうだ! 途中でナガ〜いロープにつながれた犬が近くまでせり出してきて吠えた
ビクッ としたよ 突然に吠えられると驚くね
吠えられたものだから 吠え返してやった バウ〜ツ ワワワワンってね
そこまでは いいとしても・・・・・・・・イ・キ・ド・マ・リ
そりゃ先には進めんでしょう 引き返すしかないな 今度は吠えられる前に吠えたろ〜
じゃぁ これも記録やから 撮っておこう
ヘルメットスタンド  ダレとは書かんけど 倒しちゃかわいそうじゃもんね・・・
自分も写ろうと思ったけど ミニ三脚を入れとらんかった
で 正面行き止まり 右方向・・潮騒聞こえるで海岸やろうね・・後ろは来た道じゃ



ついでじゃから 海岸へ行ってみようかと・・・
にゃははは やはり引き返しじゃね



先程はやってなかった畑での草焼き 煙の下をくぐる時は息を止めてのダッシュやった
ガードレールに掛け干しされた稲 振り返って撮った



踏切の所まで戻って 二つ目の看板で写真撮ったら 特急列車の通過やった



踏切渡って 直進すると国道 ならばと すぐに右折して 
じゃんじゃん進みと一戸建て集合住宅地に入ってしもうた
住宅地の狭い道を進むと そこにいた方に「こんにちは〜」 即答で「こんにちわ」

住宅地を抜けると 国道に出た
右を見ると 宝酒造の工場 左は住宅地空の道と宮崎方面への国道



ちょいと進むと 先ほども道へ続く下り道があった ここやね
再び踏切を渡った所で 来た道帰りゃんせ〜じゃ面白くないので ちょいと戻って別の道
ガタゴト道は荒れとるけれど 行けるとこまで行ってみよう ビニールハウスの間を進む
途中でお二人の散歩の方に「こんにちは」 返事が返って来ると嬉しいね



もうちょっとで終りなのやけど・・・・・
続きにしとこ! じゃぁ good night
  ポチッ宜しくワン   にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

用件処理のために走る

   
平成25年7月11日(木)
暑いんでね、16時になってからの移動開始です。
昨日不在郵便物があり、再配達を依頼しようと思ったのではありますが、
西都市へ行く用件があったので、西都市に向かう途中に郵便局へ寄ることにしたのです。

西都市へは頼まれものの品を持って行かなければならず、大きなリュックに箱二つ。
出かけようと準備をしていると、せっかく出るんであれば、
使用済み乾電池を市役所支所に持って行こう・・・・

そんなわけで、西都市への方向とは逆の道を進みまして、
交差点の信号機ストップで直進してしまったために、支所へは裏口から入りましたよ。
自転車だから通れる方法なんだな・・・初めて通ってみた。


さ、次は郵便局へ
近道しようとしたのですよ。ところがさぁ〜 方角は合っているのだけれど、
JR線路を渡る所を勘違い。引き返さなくてもいいものを周回してしまったよ。

ルートラボはちょいと修正しているけれど、56kmの走行距離だった。
西都市で用件済ませ、帰路の途中で「サイクルランドおくぐち」に寄ってみよ〜
はははは。反対方向からだと勘が鈍るもんやね。通り過ぎてしまったね。
あれっ? おかしい・・・・アーケード通りにあったはず・・・だよな。
交差点で折り返えそうと、進路変更をすると、前方から高校生が歩いていて訊ねたね。
「一緒に行きましょうか」と、やさしいねぇ〜 ハンサムボーイやった。
ま、それは説明だけで分かったので、ありがたく遠慮したけどさ。
信号機の交差点で、あらためて教えてくれたよ。「ありがとうございました。」

ショップに入ったのは、「CO2ボンベ」なるものは如何なものかと研究の為・・
ボンベは携行に場所取らずで軽量。でもさ、使い捨て・・・価格から判断して微妙やなぁ
とりあえずはパスやね。

店を出て、たぶん感覚的にはこちらの方角が宮崎やな・・・・
交差点の先に道路標識が見えたので、交差点を過ぎて振り返ると・・・???
宮崎方向がひょうじされとらん・・・
間違いないやろと、再び交差点に戻ると、歩道を歩いてきた若い女性に道を訊いた。
ぽっちゃり系で笑顔が素敵な方やった。「ありがとうございました。」

国道219号線に出ると、サイクリングロードへと進んだ。
幾度か通った、濁川の橋の上。


「一ツ瀬橋」方向、へ進む道を「おじぎ走行」。
「猫背走行」と違い、前方が見やすく、ペダルへの荷重がスムーズに感じる。
反復練習をして身につけた方が良さそうだ。坂も上がりやすかったし・・


県道372号線を進路にしていたら、思い出したね・・・
そうや、国道10号線に出て、「マック○バ○ー」で買い物せんと・・・晩飯の餌がない!
佐土原駅の方へ向かわんと・・・右折したまでは良かったんだけどね。
ディスカウントショップの所に出たら、え〜と? どうもヘン・・駅は?
そのまま右方向へ進めば、ほんのちょっとで国道に出れたものを・・左方向に・・
迷った結果やね。また県道に戻ってしもうた。

しゃ〜ない。先の方でまた右折すればいいやと・・・・・
「石川」の橋を渡り、次の橋を通過した時、あれっ? あの舟はナンヤノ?
船の中に草が生えとる。乗せているのじゃないよな・・・・
こんなのには興味がわくILでありまする。


未舗装の堤防道に入って舟の近くへ行きますと、
ありゃりゃ・・・沈没もせずに・・・中央に丈の高くなった草が・・・
しかし、船外機がついたまま・・・・。なんなんやろな? おもしろ発見やった。


このようなことで、今回はたいした写真は撮らずじまいで、前に通った事のある道へ右折。
おみごと、国道に出ましてね、買い物をする店に到着。
リュックに詰められるだけの量を見計らっての食材を購入。
納豆・豆腐・卵・・・もろもろ 大きなリュックだったので、ずっしりと4kg程の量です。

チャリコには、悪いなと思いつつも、我が体重に買い物品の重量で・・・
ようパンクせんかったものよ〜

さて、明日からは、硬い身体を柔軟にするためのエクササイズを始めるかな。
どっこらせっ♪

しゃしゃり出ての帰り道

   
平成25年5月8日(水)

5月5日の
「スカイライド宮崎」の写真を継続してリンクします。
参加された方々には、すばらしい思い出にされたことでしょう。
そして、自転車の楽しさと、交通ルールも体得されたことでしょう。

もっともっと、エコで健康的な自転車のことについて普及し、
周知いただけるよう今後も啓蒙の一環として取り組んで行きたいですね。

また、自転車にとって最善な道路環境整備を促進いただくためのアピールにもつなげたいものです。


 参加者の自分探し   ・・・     

5月6日の記事に書きましたが、綾城からの帰りですが、多くの方は来た道を戻って行かれた
ようなのですが、私はゆっくりとサイクリングロードで帰ったのでした。
ちょいと頑張り過ぎたかな。腹のすいたし・・・脚に張りを感じるし・・・だったのです。


もうひとつ・・・来た道では道端の花々をゆっくり見れませんでしたので、
綾北川、本庄川、大淀川に沿ったサイクリングロードの草花を見るためでもありました。

森永橋を渡り、東屋の森永休憩所を通りかかりますと、
ご夫妻と子供さんの家族サイクリングですよ。
休憩中だったので、ペダルを止めて、しばしサイクリング話しを・・・。
「安全な道なので、ありがたい。」と申されとりました。
ありがとうございました〜

本庄橋までの間にも、花が・・・花が・・・咲いてござった。
本庄橋を渡って右折・・・嬉しかったですよ。沢山の草花。
多くの種類があったのですが、写真を撮ったのは5種類。
花を見て、 通りすぎるには、忍びなく・・・ 

本庄川の堤防斜面です。「ノアザミ」が咲いていまして、
ここへ来るまでにも、いっぱい咲いていたのですが、ここで撮らなきゃ、いつ撮るの?

                            
キク科のアザミ属、「名はアザミ〜♪」ってね。
名の由来は美しい花だと思って近づいて触れると刺で痛い思いをする。・・・
「あざむかれる(だまされる)」ということからきている説が有力なのだとか。


 上の写真で、右肩の黄色い花・・・え〜とね これはね????
 脳の血流が円滑ではなさそう〜〜思いださねぇ〜〜
 とりあえず撮っておこう。


そうだったなぁ〜 自分はいつものボッチ移動だけれど、みんな数台で帰って行ったよな。
綾城から下って鳥居をくぐった時、「私たちは、こっちへいくねぇ」と、
後方から声を掛けてくれ、私は振り向けずに手でバイバイサイン。
なもさんゴメン・・・おっ!そうよ!なもホース。お馬さん!
思いだしたぜ、「ウマノアシガタ」だよね。キンポウゲ科キンプウゲ属です。


それから、黄色い花がもう一つ。「セイヨウミヤコグサ」ではなく、ミヤコグサ
花の格好で、マメ科って分かりますね。ミヤコグサ属です。
エボシグサ」とも言われます。
鎮静作用、強心剤や皮膚の炎症を抑える薬効があるとのこと。使い方は知りませんが。
この「ミヤコグサ」、絶滅危惧種「シルビアシジミ」の幼虫の餌になるらしい。
宮崎県には「シルビアシジミ」の棲息記事があるので、
ここらでも育ってほしいと思うところです。


とろとろ走っていますと、ピンクの花
行き過ぎてから、戻りましたよ。
ノバラ(ノイバラ)」だよね。普通見かけるのは白色だけれど・・・
優しい感じ・・・「オジンはみたり 野中のバラ〜♪」ってね。


それから〜、
支流の深年川に架かる、宮王丸の歩道橋を渡ると、塚原休憩所がありまして、
その休憩所前を右折しますと、前方に「スカイライド宮崎」に参加されていた自転車。
タンデム自転車のお二人と、女性サイクリストでした。
追い抜きざまに「お疲れさま〜」

そのまま、すすっと走って行くつもりでしたが、道端に久しぶりに出会った植物。
大淀川では見かけなくなってしまった植物が、道路脇に、堤防に、河川敷に・・
嬉しくなって、停まると、追い抜いたばかりなのに、また抜かれてしまって、
「珍しい花がありましたよ。」って言ってしまいました。
「お疲れさま〜」でありんした。

で、その珍しい植物って。これ。

河川の手入れとして、堤防は全面的に刈り込みがされるので少なくなっているのです。
ここでも、一部刈り込みがされていましたが、残して欲しいものです。
なんでも、やたらと刈れば良いってもんじゃないだろうってね。
これ、「クララ」っていうんです。マメ科のクララ属です。


ほら、堤防斜面から河川敷までいっぱいでしょ。嬉しくなったんです。
この植物、1m以上に大きく育つのです。
そして、茎の先に淡黄色の花を穂状にいっぱいつけています。
「くららくさ」って言っていたようで、根っこを噛むとクラクラ眩む苦さがあるのだとか。


それに、「クララ」は絶滅危惧種の、とても可愛い「オオルリシジミ」の幼虫の食草で、
幼虫はつぼみを食べて育つんですって。
しかし、宮崎では発見の報告はないらしい。環境が合わないのかな?
「こっちのクララ美味しいぞ〜」クララにヒララ♪ヒララ♪って来てくれないかな〜
アッ! そこの自転車・・・捨て置きの放置自転車じゃないからねぇ〜〜



随行カメラマン

   
平成25年5月6日(月)

5月5日(日) 行ってきましたよ。

参加者ではなく、スタッフでもなく・・・。
8時やったかな? とりあえず集合場所「
生目の杜運動公園 陸上競技場横」へ
到着したのは8時20分・・・
交差点で「スカイライド宮崎」のプラカードをお持ちの方、はっけ〜ん♪

「もう、みんな行っちゃいましたか?」
「いえ、まだですよ・・」皆さんの集まっていらっしゃる所を指さして頂きました。
「あら、ほんとだ。行かなくっちゃ〜ありがとう。」

いるいる〜!
顔見知りの方々・・・うれしいですねぇ♪
出発は9時やったんやね〜〜
今回も徹夜明けで・・・ボケちょる。
参加される皆さんを、
 撮っていますと、
ブログでは存じ上げている、黄昏さん&ちらり〜んさんに声をかけて頂きましたよ。
コーヒーに菓子まで頂いちゃいました。
朝食がまだであったし、とりあえずカメラ2台を持って行ってみようと思っただけなので、
ありがたかったです。 おいしかったです♪ 感謝です。
Nickyさん、カメレ男さん、junjunさんやぁ〜♪ごあいさつ。
(後の文面で出て来る方、ここでは除外・・・(笑)

集合写真撮影をyosiさんに依頼されましたので、
集合写真やら撮りましたら、帰ろうかと・・・
なにせ疲れているので、綾までは走るつもりはなかったんです。

いつも素敵な写真を撮られているヒロマンさんお声掛頂いた時、
「今日も撮られるんでしょ?」
「今日は撮れないかも・・・」(そう言われたような・・・)
ならば、行ける所まで随行カメラマンを勝手にやらかしてみるか・・・。

8つのグループでスタートされると言うので、
最後尾から先頭へ追い抜きながら待ち伏せショット。
4回最後尾から追い上げをやったので、
ここ最近ライドやってないこともあり、徹夜明では堪えましたよ。

それで、待ち伏せポイントにした、県道17号線の綾へ右折するT字路は信号機がない。
追い上げる時に、先頭と2番目の間がかなりあいていたので、
先頭が着いた時に一寸休憩を取ってもらった。
スタッフでもニャ~のに、指示までしやがって・・・ごめん!
交通整理までしよりよった。
最後尾でハザースランプをつかながら走って来られたHINOお父様、交差点へ到着。
あれ? こどもが来ない? 訊ねると別のライダーの後をついて行ったもよう。
待てども現れる気配なし・・・。
大学生とベテランさんの二名が探しに行ったとのことで、
しばらくして綾城へ最後尾で向かう。

ひょっとして、ほんものセンターで休憩しているグループがいるやとも思い急いで行った。
ところがどっこい、「男まつり」とやら開催されとって、自転車隊誰もいない・・・
整備員のおっちゃんに、大勢の自転車はどちらへ行きました?って聞くしまつ・・・。
鳥居の所を上がるんやったよな・・・と、
もうろうとした頭じゃ、方向を狂いよった。
鳥居は二つ・・・。まっすぐ行けばいいものを、綾小学校の前を左折してしまい、
またまた県道の26号線に出てしまう。ま、ここに出れば、何度も来た道。
別の鳥居をくぐる。一礼して・・・。こちらからも上り坂。
「国際交流広場・サッカー場」手前にある古墳をみて、綾城へ。一旦下って、また上り坂。

ようやく着いたはいいけれど、入場券売り場前の広場に置いてある自転車群・・。
参加受付をしていないし、勝手に随行したのだから、入館する理由なし。
何度も入った所ではあるし、入館料を払うことなく、皆さんの自転車お守り役・・。
次々に、食事をされてお帰りに。。。
「お気をつけてお帰り下さいね・」と、なにやらスタッフじみたこと・・・
私のブログを見ていますと、話して頂いた方、有り難うございます。
えぇ〜つ・・・閉会式もあったんや。食事もできたんやねぇ〜〜
最後の締めの写真が撮れんやった・・・遅かりし・・・。
スタッフでもない者が、最後まで気にして橋のたもとで待っていたのが失敗やった。

あぁ~~ッ はらへったぁ〜〜〜

挨拶なしで帰るわけイカンので
かなり、お帰りになられたころに、
ようやく、なもさんが自転車の所へ戻ってこられ・・じゃ、帰るかなって。
yosiさんには、挨拶しこねた。

ま、そんなことで、本来通過すべきだった鳥居をくぐり、
皆さんは右折。ILは左折。皆さんと一緒に走るには燃料切れ・・
ゆっくりとサイクリングロードで帰ったのでした。

でも嬉しい事に、綾北川、本庄川の堤防には、これぞ数年ぶりに出会えた花がありました。
その写真は、次回のこころだぁ〜!

おまたせいたしました〜  写真です。

一眼デジタルカメラの利点である、速写性。バシャバシャ撮っても即保存。
ところが、交換レンズのためか、マウントからほこりが入るんです。
その結果、今回撮った、別のカメラ(ネオ一眼:7枚撮影)は良いにしても、
この一眼デジカメの245枚の画像には、すべてにホコリが3か所ほど写り込み・・・
(このカメラは2年前オーバーホールに出したのに・・・)
一枚、一枚、PCの画像ソフトでホコリを除去作業。
な〜ので、ようやく本日のブログで公表にすることができました。
遅くなりまして・・・ごめんなさい。
全員を撮ったつもりでも、列の後ろの方が写ってなかったり、ピントぼけ。ごめんなさい。
参加者でない方が写っているのが3枚、稲や花等々もあり、
自分が写っていないので、Myチャリを撮ったものを入りまして、すんまへん。

てなことで、写真を見たい方には、教えてあげて下さい。
「ILmoonの写楽」を見てね・・って。
yosiさんのサイトにはリックを張って頂いたのですね。有り難うございます。

↓をクリックした後、スライドショーでも見れます
ワン
そいじゃ〜  ひっぱりましたが・・
  

       自分探し   ・・・     

走ればラッキー ー花編ー

   
平成25年3月27日(水)

「サイクルトレッキング」( ↓ 参照)での楽しみは、
人との語らい、風景、鳥などの動物、草木の枝葉に花、食もありますね。
そうそう、自転車そのものを楽しむ。楽しみ方はいろいろあって当然ですよね。
自転車(ロードバイク)は、自分にとって競技するものではなく、移動手段だから、
目的は、行きたい場所への往復路での出会いなのです。風も感じつつ・・・。
しゃあしゃと物申さば、ケイデンスがどうだの、心拍数がどうだの・・引き足がどうの、
パーツはどうだってこと・・・疎いのであります。
(それらに精通され目指されている方には失礼ながら・・・・)
平凡! そう平凡な所に楽しみがあるように感じている、ロードバイク乗り。
それが、ILmoonなのだと・・・。
  仲間の輪を広げたいな。ポチッ宜しくワン ♪ 
              
にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ                     にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

で、ロードバイクの楽しみ方ジャンルとして、
CycringJapan
に、のサイクリングの楽しみ方として情報があります。
輪行サイクリング」、「カーサイクリング」は別として、

ポタリング」:日頃乗り慣れた自転車で、家の近所を歩く感覚でブラリ気ままに自転車散歩を楽しむのが「ポタリング」。 サイクリングの基本的な楽しさを発見できます。

サイクルトレッキング」:自転車で近くの公園に行ってみるとか、休日の静かな都心を走ってみたいとか、自転車を足代わりに目的地を決めてサイクリングを楽しむのが 「サイクルトレッキング」です。

ツーリング」:自然を満喫できる郊外まで走りたい、長い距離を走ってみたいなどの願望を満たしてくれます。日帰りや宿泊施設を利用した泊まりがけなど、サイクリング本来の自転車旅行の醍醐味が経験できます。

キャンピング」:自然を満喫できる郊外まで走りたい、長い距離を走ってみたいなどの願望を満たしてくれます。

そんなことで、
26日のサイクルトレッキングで、見つけたというより、出会わせてもらった花々。
春の光と風を受けサワサワと咲いて見せてくれました。
嬉しいですね。優しいですね。柔らかいですね。

一ツ葉有料道路の隔離された側道帯で、脇に連なって彩を放っていました。
マメ科の植物であることは花弁から分かります。
蝶形花冠 (管状のもありますが)
つるになっているのが多いのです。

カラスノエンドウ 」別名:ヤハズエンドウ
  群生していると育てているかのようです。


一ツ葉有料道路のパーキングエリア内草地にルルッルン ルルルンで♪
日本には50種以上で、世界では約800種もあるという「スミレ」。
ですから、さて何スミレ?   あえて調べない事にしておこう〜
眠れなくなって、済みれそ〜になーい。



それはそれは、キリがありません。撮っていたら走る事ができなくなりますよ。
今回は、どちらかというと、高鍋駅方面へ行くことが主目標。

とは思いつつも、目の前に花が咲いてますとね、撮ってしまうのです。
帰路で、KDDI宮崎海底線中継所へ向かう時に、農道に入り込んでの耕地跡(休耕田か?)で
かなりを占有して咲いていた花。
一目で分かった。大淀川堤防で見て覚えていたから、「マツバウンラン」だと。
ランとはいえ、ゴマノハグサ科。確認するために葉を確認・・細く松葉みたい。

花茎からは似ている、「ネジバナ」が好きなんだけれどなぁ〜



ツル状ではないけれど、これもマメ科
園芸品種の「ルピナス」別名:ノボリフジ
宮崎市隣の児湯郡新富町の町花になっていて、富田浜公園や役場周辺に咲いています。

県道372の台飯田交差点の角隣の畑。みごとです!

次の
「サイクルトレッキング」では、何とのであいがあるだろうなぁ・・・
楽しみです。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ             にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ       

走ればラッキー

   
平成25年3月26日(火)
早めに出かけるつもりが、頼まれ仕事が入る。
DVD処理も頼まれ、高校野球TV観戦のナガラさぎょうが・・・出が遅くなった。
14時になって、橘通りに用事先があって、立ち寄ると・・・
行き先は、高鍋町へ
  仲間の輪を広げたいな。ポチッ宜しくワン
              
にほんブログ村 写真ブログ ノンジャンル写真へ                     にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

復活したはずのGPSサイクルコンピュータが、突如電源out.
びひゃ〜  走行記録が取れなかった。
ただ、コースは記憶していたので、ルートラボで再現した。

(ワイヤレスサイコンでの記録:67.9km    AV20.2km/h   走行時間3時間21分)
(街中はともかく、サイクリングロードでは30km/h以上を信条として走った:修行?

近道(抜け道)しようとして、先で行き止まりで住宅地をぐるりと周回することになり、
マリーナ前交差点のパーク通りに出た。 綺麗に咲いてるな〜 手入れがされています。


阿波岐原森林公園の遊歩道へと入ります。工事中の箇所を避けて別の道を行きます。


こんなコース、スピードアップができますよ。
ただし、交差する場所、ランニング者には気をつけないとね。
自転車の人には3人と離合しましたよ。もちろん、ILは手を挙げて「こんにちは〜」

ゴルフ場の横を抜け、一ツ葉有料道路のシーガイヤICに向かう道に出ます。
道を横切り直進しても良いけれど、有料道の側道を走ってみるかと、10円を取り出す。


所々が舗装の割れ目に草が生えていてゴトゴト、あまり勧められたルートではありません。
側道に出るまでにループになった細道を進みます。


松林の中と違って、草花があれこれ咲いていましたよ。 直線で信号なしはお得感。


そんなに距離はないので、すぐに住吉ICの所に着いてしまいます。
料金所の横を通過します。


そして、料金所を過ぎると、くるりと回ってサイクリングロードへと向かいます。
どんどこ快走です。


途中で、ポツポツと雨が落ちては来ましたが、予報じゃ明日が雨。
今日のところは持つやろと、先へ進みます。
石崎橋を渡っていると、前方からシのシバ犬(?)がILを見るなりスタッと立ち止った。
カメラ視線じゃ〜♪ おとなしそうな犬やった。


一ツ瀬川河口に近づくと、潮騒が聞こえる向かい風。
砂か舞わなければ良いのですが・・・


ここは波が荒い所のようです。
台風で崩れた岸とサイクリングロードの修復が終わって走りやすいですね。
ただ、風だけは強い所です。

右側は一ツ瀬川、左はガードレールと柵の間がサイクリングロードなのですが、
このサイクリングリードは荒れていて通る気分になりません。速度も上げられませんしね。


前方より、ピンクのバーテープ・・・女性のロードバイク!!
あれ〜〜〜
「こんにちはー」

junjunさん
すれ違いざまに停車です。
「こんな所で会うなんて!」  ラッキーやね!
しばらく、行かれた所を聞いたりして、10分間程だったろうか会話する事ができました。


アグレッシブな方です。すばらし〜い。5日後に控えたマラソン参加もされるんだから!
とても明るくって、好感度ア〜ップ!
じゃ!って、「お気をつけて」と走りだすと、
シャ〜ッ! はえっ! すんばらしい脚力です。
若いもんね! ILの息子と近い年齢やと思うけど・・・
16時になろうとしていましたから、ILもスピードアップです。
とりあえずは、高鍋駅までは行っての折り返しにしようって!


天神配配水機場のある潜水橋は、満潮時なのか水面から30cm程の上にありました。
水面が近いというのは、余計に怖く感じるね。


日向大橋の側道橋を渡ると、あとはいつもの北上ルート。
国道10号線を全く走らないで行けるルートはあるはずだろうけれど、遠回りだし、
速度も上げられないので、途中でR10に入り込んでの、高鍋駅へとなりました。

と〜ちゃ〜く
   junjunさんと別れてから34分。


あ、この時間だったら、もう今日は終了されているやろな。
ま、覗いてみようか・・・。
向かったのは、「せっちゃんブログ」のカフェ〜風と海〜

あ、閉まっとる・・・・
来た証拠にと写真を撮ろうとしたら・・・(結局写真撮ってなかった!)
お店の中から、せっちゃん・・・・
閉められる所におじゃまさせていただきました・・・ラッキー
初めての訪問なのですが、なるさんのおかげ様で・・・・・
コーヒーを頼んだのですが、ゼリーを出していただきましてね、次にコーヒーを
さらに麦芽(?)パン・・・・どれもこれも、とても美味しいのです。
自転車の事、ランニングの事、登山の事・・・もろモロ諸と会話がはずみましてね・・・
とても居心地がいいのです。
30分は居たのかな・・・お代をお支払いしようとしたら、コーヒー代だけを受け取られました。
なんと・・・申し訳ない。・・・これでトリプルラッキーです。



高鍋駅の先へ行くと、小丸川河口になるのですが、以前行った事があるので、
くるりと散策してのち、帰路につきます。
日向大橋を渡る所までは、往路の逆コース。
サイクリングコースもって思ったけれど、ハンドルの方向は県道を通っての市民の森方面。
しばらく走ると左前方に白い塔が見えてきまして、
「KDDI宮崎海底線中継所」 遠くからは幾度も見ている所なのだけれど、
近場へは行った事がないので、行ってみる事にした。
路面悪し!砂利ジャリじゃり。


斜め下から見上げると、ほほ〜 米国とのケーブルがつながっている所なんやね。
すごかねぇ〜♪


角をまがり、更に角を曲がった所で、「おに〜さん」って呼び止められました。
はい、ILはおに〜さんナンデス!
このゴミをステタモンを知らんね?

いや、私は初めてここを通りますから・・全く知りません。
しかし、ひどいことするもんですね

「そうね、捨ててあるのを見たら領収書があったから、犯人は分かるやろう。」
「さっき、ポリ官を呼んだから 分かるやろうけどな。」

おいおい、ポリ缶じゃないやろ〜 って(言わないけれど)
暗くなるので、私はこれで・・・犯人が分かれば良いですね」と自宅へと向かった。

川には魚が跳ねとった・・・沢山棲んでいるようです。


県道に戻った所から、ライトを点灯しての走行となった。
花編は次回のこころだ〜!

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ 

行き先あてなしのサイクリング。見たものは?(後編)

   
2013年3月12日(火)

脚力の衰えに加えて過重体となれば、自転車ペダル回しは一種のマゾヒスティックですよ。
登坂ともなれば、通常の鼻呼吸では酸素不足になり、あえぎの口呼吸。
いくら高級車の7kg程のロードバイクにしたって(ILのは9kg程ですが)、乗っている荷物、
もっぱら主体の乗っている者の重さが大きければ、何をか言わんやであります。
その重さを引き上げるだけの脚力(筋力、心肺力・気力)がなければ、
レベルアップの努力をしない限り、現レベルでの楽しみ方をやれば良いじゃないかと・・・
所詮は、自分の技量そのもということに落ち着くのですが、人生万事に共通することかと。

  仲間の輪を広げたいな。ポチッ宜しくワン   ブログランキング・にほんブログ村へ

などと・・・
論めいても、ペダル回しに出かけた昨日。
ペダル回しすると、風、土、水、木、草、空、川、海も月も星も太陽も呼びかけて来る。
ただペダルを回しているだけ。なのに、穏やかな気分になるのは何故だろう。

首輪のない子犬が懸命に走って行き、庭へと続く空き地でスタッと止まって、私を見た。
私は、その犬を見た。たわむれの世界かと。
坂の途中、桜街道の標柱に脚を止めたら、彼方の山に桜が見えた。

「本野原遺跡」向かう途中で見かけた風景。
畑の向こうには、宮崎自動車道があった。ダイコン畑だ。花が咲いている。



観ていた番組ではなけれど、
だいこんの花」の連続ドラマがあったよなァ〜
クリートに土が挟まるので、マクロはなくズームアップでの撮影だ。



サドルにまたがろうとしたら、ガードレールの下の土手に、
陰になっているけれど、3,4株の「すみれ」が咲いていた。
もっと可憐に撮りたかったけれど、膝をついてのキツイ体制でした。(腹がジャマ)


「本野原遺跡」に着くと、刈り取られた草地にいくつかの花が咲いていた。
いちいち止まって撮影っていなかったので、後で残念がるのです。
行きに見つけて、帰りに撮ろうと思っても、帰りにそれが見つからないって。
そんな花が二つあったのですが・・・
これは何?  5弁花 形からしてバラ科 写真じゃ見づらいけれど3出複葉。
実になると淡紅色の・・・ほら! 「ヘビイチゴ」ですよ。



それから、かじればスイ〜
和え物、酢の物、汁の実、佃煮ができるらしいけれど試食なし・・・。
畔や草地でよく見かけます。「スイバ(スカンポ)」(タデ科 ギシギシ属)



行き止まりの
、水田土手で咲いていた「ゲンゲ(レンゲソウ)」マメ科です。
子供の頃は、すり傷が絶えませんでね、長ズボンじゃなかったしね。
そんなとき、葉っぱを搾った汁をつけたものでした。血止めの効果があるのですね。
食用。薬用にもなる有り難い植物ですが、最近はめっきり少なくなりました。
昔は田圃に種を撒いたものでしたけれどね。


県道336号線の「灰ケ野」の地区辺りだったか、坂を上がりきった所で給水。
ボトルをケージに戻そうと下を見たら側溝蓋の際に「どんぐり」
「どんぐり」といっても、正式名称じゃないので見当つけて「アカガシ
周辺に落ちていた枯れ葉をみますとギザギザはなかった(あれば、イチガシかコナラ)し、
区分すると20はあるので、花が咲いてドングリになる期間と樹そのものや葉形をみないと
分かりそうにありません。
そもそも「どんぐり」って?
はい。ブナ科の樹で、まるっこい固い実をつけたのが「 どんぐり」なのですね。


後方からの自動車を避けるために、道脇に止まって譲った場所の土手。
「細江」という地名あたりだろうけれど。
前回記事で「・・・いいもの発見(それは次回に!)」って書いたソレです。
胞子のう(帽子)が開いていない若い茎なら、
はかまを除いて茹でて水にさらせば、
おひたし、天ぷら、酢のもの、ごまあえ、炒め物、佃煮にね・・・。
土筆は、スギナの子っていいますが、スギナはいろんな薬効があるようです。
ガン予防にもなるって・・・(※民間療法は気をつけましょうね・・)

まぁ、土手一面に伸びていた「ツクシ」でした。


今回も、ポッタリぽったりのサイクリングでした。
嬉しくなる物をいっぱい見させて頂きました。感謝です。


よろしければ、↓のワンコズをクリックよろしくワン♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

<< | 2/6PAGES | >>



profile




← 旧 ILmoonの写楽

現在の閲覧者数:

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.